記事

双子、三つ子の子育て支援

双子や三つ子などの多胎児を育てる家庭を支援するため、厚生労働省は、2020年度から、育児サポーター派遣事業を始める、と報じられています。

多胎児の家庭は、外出が難しいなどの問題を抱え孤立しがちなためで、多胎児家庭に特化した国の支援策は初めて、とのこと。

厚生労働省の人口動態統計によると、出生数に占める多胎児の割合は、1980年の1.2%から、2018年には2.0%と増えています。

出産時の母親の年齢が高いほど増え、45歳以上では6.2%になり、不妊治療の影響、とみられています。

この支援策では、多胎児の育児経験がある親や、助産師などの「育児サポーター」を各家庭に派遣し、家事やおむつ替えなどを手伝ったり、外出に付き添ったりするそうです。

また、親同士をつなぐ交流会の開催や、妊娠期から相談に乗る事業も実施します。この支援策は、歓迎されるものですが、社会全体での意識、サポートが必要だと思います。

先日、双子を乗せたベビーカーでバスに乗ろうとしたら乗車拒否された、という記事を見て、驚きました。

また、乗れても、ベビーカーを折りたたむように言われるとのこと。

一人の乳児を連れて外出するのも大変なのに、二人連れ荷物も持ち、どうやってたため、というのでしょうか。

生まれたての子どもがいると、1人でも、夜中の授乳、お風呂に入れることなど、大変なのですから、多胎児を育てる大変さは想像に難くありません。

これだけ少子社会の日本で、もっと社会全体で子育てをする、という意識をもち、手をかしたり、せめて温かく見守ることが必要だと思います。

国会で議論している時も、「社会で子育てを」というと、「親は何もしないのか」と検討違いのことを、よく言われました。

親はせいいっぱいやっているのです、それでも周囲の「ともに」育てるという気持ちと行動が必要なのです。

双子や三つ子でも、大変ではあっても、子育てに喜びが持てる社会にできればと思います。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  3. 3

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  4. 4

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  5. 5

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  6. 6

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。