記事

双子、三つ子の子育て支援

双子や三つ子などの多胎児を育てる家庭を支援するため、厚生労働省は、2020年度から、育児サポーター派遣事業を始める、と報じられています。

多胎児の家庭は、外出が難しいなどの問題を抱え孤立しがちなためで、多胎児家庭に特化した国の支援策は初めて、とのこと。

厚生労働省の人口動態統計によると、出生数に占める多胎児の割合は、1980年の1.2%から、2018年には2.0%と増えています。

出産時の母親の年齢が高いほど増え、45歳以上では6.2%になり、不妊治療の影響、とみられています。

この支援策では、多胎児の育児経験がある親や、助産師などの「育児サポーター」を各家庭に派遣し、家事やおむつ替えなどを手伝ったり、外出に付き添ったりするそうです。

また、親同士をつなぐ交流会の開催や、妊娠期から相談に乗る事業も実施します。この支援策は、歓迎されるものですが、社会全体での意識、サポートが必要だと思います。

先日、双子を乗せたベビーカーでバスに乗ろうとしたら乗車拒否された、という記事を見て、驚きました。

また、乗れても、ベビーカーを折りたたむように言われるとのこと。

一人の乳児を連れて外出するのも大変なのに、二人連れ荷物も持ち、どうやってたため、というのでしょうか。

生まれたての子どもがいると、1人でも、夜中の授乳、お風呂に入れることなど、大変なのですから、多胎児を育てる大変さは想像に難くありません。

これだけ少子社会の日本で、もっと社会全体で子育てをする、という意識をもち、手をかしたり、せめて温かく見守ることが必要だと思います。

国会で議論している時も、「社会で子育てを」というと、「親は何もしないのか」と検討違いのことを、よく言われました。

親はせいいっぱいやっているのです、それでも周囲の「ともに」育てるという気持ちと行動が必要なのです。

双子や三つ子でも、大変ではあっても、子育てに喜びが持てる社会にできればと思います。

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    都合がよければ専門家の意見を聞き、悪ければ黙らせる 五輪巡る政府対応は納得できぬ

    小宮山洋子

    06月19日 16:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。