記事

進捗率を何で測るか? −−情報処理技術者試験の問題より

1/2
仕事の進捗(しんちょく=進み具合)を何で測り、どう数値化するか。これはいつも悩ましい問題である。

「プラント・エンジニアリング会社のように、物理的に目に見えるモノを作っている分野は、数量が測りやすいからいい。ソフトのように目に見えない成果物を作る仕事は、進捗管理がとても難しい。」

・・こういう意味のことを、IT業界の方から何度か言われたこともある。いえいえ、どういたしまして。プラント・エンジニアリングのプロジェクトでは、設計業務だけで18ヶ月〜24ヶ月もかかる。この間、膨大な図面や仕様書が生成されるが、プラント予定地では1年後にやっと、基礎工事のための穴掘りが始まる程度だ。設計作業の進捗をどう捉えるかは、同じように悩ましい。

もちろん、具体的なものづくりに携わっている企業だって、進捗をタイムリーに正確につかむのは難しい。同時並行に進む作業が多いし、その負荷の大小だって、様々だからだ。

ところで、情報処理技術者試験に「プロジェクトマネージャ」という種目がある。IPAの試験制度の中でも、いわゆる「高度」に分類される資格の一つだ(一応、わたしも持っている)。さて、今を去る2004年秋のことだが、この試験に、進捗率に関して、次のような問題が出たことがある(一部佐藤が改編して引用):

* 10本のプログラムからなるシステムを完成させるプロジェクトがある。
* 1本のプログラムを完成させるには1人月の工数がかかると見積もられた。
* 各プログラムの開発作業は、設計(20%)→コーディング(50%)→テスト(30%)のプロセスからなると推定された。
* 作業開始から15日たった時点で進捗状況を調べたら下記のとおりだった:

* 現時点での進捗率を求めよ



・・という問題である。

どうやらこのシステム、ほぼまったく同一規模のサブシステム・プログラム10本からなっていて、なおかつ、その間のインタフェースも結合テストもいらないらしい。随分とありそうにない、不自然なシステムだが、まあ試験問題だから文句を言っても仕方がない。

とにかく10個のタスク(アクティビティ)があり、それぞれが設計・コーディング・テストの3段階からなるから、全部で30個のサブタスク(サブ・アクティビティ)から構成されたプロジェクトだ、ということになる。

進捗率を問われている訳だから、なにか基準となるモノサシが必要だ。では、一番単純に考えて、「完成したプログラムの本数」を基準にしてはどうか? 全部で10本のプログラムを作らねばならない。15日たった現時点で、できあがったのは3本だけだ。だったら、3 / 10 = 30%ではないか。

これはこれで、シンプルで分かりやすい尺度である。これをかりに『完成数基準』と呼ぶことにしよう。

ところで、別の考え方もありうる。プログラムが完成まで至っていなくても、設計やコーディングがそれぞれ終わっているのなら、一定の進捗があったと言えるはずだ。で、その進捗率は、どう測るのか。それは、工数によるウェイトがいいと思う。

15日たった現時点で、設計は10本とも完了している。設計の工数はそれぞれ0.2人月と見積もられている。またコーディングは6本完了だ。1本あたり0.5人月だから、3人月分の仕事が終わっている。そしてテスト。これは3本×0.3人月で、0.9人月分。だから合計、5.9人月分の仕事までは進んだ訳だ。だから、全体工数の10人月で割ると、5.9 / 10 = 59%となる。この考え方を、『見積基準』と呼ぼう。

いやいや、よく考えてみよう。工数の見積なんて、いつでも大した精度がなく、あてにならないものだ。ウェイトをつけるなら、実際に掛かった工数を重みにすべきではないか。表によれば、設計には合計2.5人月、コーディングには4.0人月かかり、テストにも1.5人月使っている。合計7.0人月だ。だとするならば、進捗率=70%が妥当ではないか。この考えを、『実績基準』と呼ぶことにする。

結局、この問題は、次の三つのどれかを選べ、という問いになる:

3/10=30%? (完成数基準)
5.9/10=59%? (見積基準)
7.0/10=70%? (実績基準)

さて、あなたなら、どれを選ぶだろうか?

上の3つの計算例でも分かる通り、進捗には、さまざまな定義が可能である。いわば決め事の問題であって、その点で原価管理にも似ている。原価にも、様々な計算手法がありえる。その中から、どれを選ぶかは、企業のマネジメント方針次第なのである。

しかし、『進捗率』を数字で計算する以上、合理的かつ整合的な算定方法として、皆が合意できることが条件になる。

その観点から、完成数基準の計算: 3/10=30%を見ると、どうなるだろうか?

15日目の現時点で進捗率30%ならば、100%完成まで、15 / 30 * 100 = 50だから、あと50日かかる計算になる。じゃあ、このプロジェクトは、あと35日必要だと言えるだろうか?

進捗管理の目的は、きれいな進捗レポートを作ることではない。進捗率を測る最大の目的は、完了日を予測するためにある。完成数基準は分かりやすく単純だが、この目的のために有用だろうか?

考えてみてほしい。横軸にプロジェクト開始からの日数を取り、縦軸に進捗率をとって、グラフにプロットするとする。もしこのプロジェクトが理想的に進めば(=つまり、各プログラムが予定通り並列に開発されると)、29日目までは完成数=ゼロである。30日目に、10本のプログラムが全部、同時に完成する。

進捗率のグラフは、ずっと0%のまま29日目までx軸にはりついていて、30日目にいきなり100%になる。このグラフを見て、完了日の予測ができるだろうか? 理想的にプロジェクトが進むと、完了時点が予測できなくなるような基準は、役に立つだろうか。



あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。