記事

目黒女児虐待死 有罪の母、獄中で何度も自殺未遂をした

結愛ちゃんの母・優里が獄中手記を発表

 2018年3月2日、東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5才)が虐待の末に死亡し、母・優里(27才)は保護責任者遺棄致死罪に問われた。結愛ちゃんを直接暴行したのは夫・雄大だが、優里が「結果的に容認した罪は重い」と裁判官は判断。夫のDVで正常な判断能力が失われていたことは考慮された上で、実刑8年の判決が下された。

 2月7日、優里自ら事件について綴った一冊『結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記』が出版された。そこには獄中で罪や現実と向き合おうとするたびに懊悩する姿が、淡々と描かれている(以下《》内は手記からの引用)。

◆生死どちらを選んでも間違っている

 獄中で優里は何度も自殺未遂を繰り返した。もう一歩で踏みとどまってしまう自分に呆れた。愛娘の死を止められなかった、なのに自分の身だけはどうして守ろうとするのか――救いのない懺悔の日々が続いていた。

 深い闇にいた彼女に、一つの出会いがあった。その女性弁護士は優里に会うなり、「若いお母さんだね~」と口に出した。当初はたわいない話しかしなかったが、優里の心のこわばりが徐々にとけていった。2018年9月、弁護士はカウンセラーを伴って接見にやってきた。

《DVの専門家だという。

 弁護士以外の普通の接見は、この人が初めてだ。誰にも会いたくなかった。親にもこないでと言ってあったから。(略)

 毎日説教されたと言ったら、それも心理的虐待だと言ってくれた。結愛に暴力を振るうことも私へのDVだって言っていた。香川では、体にアザができていないとDVじゃないと言われた。

 自分がおかしくなっているという自覚があったので、香川の医療センターでは精神科医を紹介してもらった。でも問題ないと言われた。こんな風に話を聞いてくれる人は香川ではいなかった》

 自分の身に何が起こっていたのか、ようやくわかってきた。香川県時代、結愛ちゃんへのしつけを巡って夫から一日数時間にも及ぶ説教を受けていた。当初、夫に疑問を抱いていた優里も、「夫は結愛を思うゆえに叱ってくれているんだ」というように、それを受け入れた。知らずして夫に支配されていた。

《だけど、私がDVの被害者だったらどうなるの。そんなの言い訳だよね》

 問題の本質が見えつつあっっても、自分を許すことはできなかったようだ。年末にやはり自殺を試みる。

《平成30年が終わってしまう。ラジオからは楽しそうな音楽、人の声、雰囲気が伝わってくる。私には関係のないことだ。恐怖でもある。今年中に決着をつけよう。(略) 一瞬でもいい。一瞬でもいいから結愛への愛をみんなにもわかりやすく表現したい。感情表現の苦手な私には、もうこの方法しかない》

 そんな時弁護士から手紙が届いた。「一緒に乗り越えましょう」。弁護士の言葉に涙が止まらなかった。

《私がひどく落ち込んでいる時も「頑張れ」とは言わない。必ず「一緒に頑張ろう」と言う。面会終了後、必ず笑顔で手を振って「バイバイ。また会いにくるからね~」と言う》

 死ぬことだけが結愛ちゃんへの償いと考えていた優里に小さな変化が訪れていた。

《死んだら結愛に会えるはずと、ずっと思ってきた。本当にそうなのか、死ぬことが正しい道なのか、他に何か方法があるのではないか》

 2019年年初、千葉県野田市で起きた虐待死事件が報道された。小学4年生の女児が命を落とした。この事件でも、娘への虐待のほか父親から母親へのDVが指摘されている。優里は2月4日にこのニュースに接した。

《悲しいニュースがラジオから聞こえてきた。私と同じような母親が、また子供を見殺した。彼女の日々を思うと胸が苦しい。きっと夫の顔色にびくびくし、夫のご機嫌を取ろうとしていたに違いない。私もそうだったから》

 少しずつ事件に向き合い始めた優里だったが、同時に雄大への激しい怒りがこみ上げる。結愛ちゃんの命日である2019年3月2日の日記にはこう書かれている。

《1年前のこの日、病院で医師に結愛の死の宣告を受けた時、気がサーッと遠くなって、体がどさっと崩れ落ちた。そこを、あいつが抱きとめて、どうにか気を保っていた私に、「死ぬなよ」と言った。あの人はずるい。私が「死ぬ」と思うんだったら、どうしてこんなことしたの。(略)もうあの人の言うことを聞いてはいけない》

 ノートの執筆当初は、「彼」と表現されていた雄大の人称が、いつしか「あいつ」「あの人」に変わっていた。

 4月11日、優里のもとに雄大からの離婚届が届いた。離婚届自体は、2018年11月の段階で雄大に送っていた。ようやく離婚が成立した。

 もう後悔したくない。彼女が、来る裁判に向けようやく覚悟を決めたのは7月のことだった。

《弁護士先生に今までのことをすべて話す決断をした。(略)この1年間、死のうとしていたこと、辛かったこと、自分の本音、自分の思ったこと、感じたこと。ずっと誰にも言わずに黙ってきた。話しても無駄だと思っていたから》

 優里の本音に接した弁護士は涙を流しこう言ったという。

「あなたの荷物は一人で持つには重すぎる。あなたの悲しみや辛さという荷物を持たせて。私は非力だけど、こういう荷物を持つのは得意なの」

※女性セブン2020年2月20日号

あわせて読みたい

「目黒の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  3. 3

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。