記事

ますます、大阪の時代。大阪都構想住民投票に向けて、大阪の成長と改革が加速する

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は定例の維新「学生局」会議なのですが、関東維新学生部を牽引してきてくれた初代部長がもうすぐ大学卒業。

いつもはスカイプ等で遠隔参加しているものの、最後くらい大阪で参加しよう!そしてついでに、大阪の改革を改めてみんなで見てこよう!

というわけで会議は16時からなのに、学生局担当の松本ときひろ区議とともに、朝7時の新幹線で前乗りして大阪視察をして参りました。

アリの挟まる隙間もないスケジュール…!

行く先々で動画を撮り溜めていき、まとめたものは先ほどブイログにUPしましたので、完全版はぜひこちらを御覧くださいませ。



ちなみに「ますます大阪の時代」というのは、上山信一先生がよく使われている表現です↓

動画中でも述べましたが、私は2006年に社会人になってからそれなりの頻度で大阪に出張する機会があったので、幸運にも(?)維新改革「前」の大阪を見ていた経験があります。

当時はもちろんトイレは綺麗じゃなかったし、繁華街でも殺伐とした空気が漂っていたし(それが東京にはない面白さでもありましたが)、そこからたったの10年そこらでこの変化は目をみはるばかりです。

この確かな変化こそが、アンチを生みながらも大阪で維新が根強く支持されている理由であり、またその変化を尻目にほとんど変わることができなかった東京の私たちからすると、猛烈な羨望の対象でもあります。

この変化が一過性のもので終わってしまうのか。それとも永続的に続き、大阪が東京と並ぶ「ダブルエンジン」へと成長し、ボトムアップ型の統治機構改革として全国に波及していくのか。

それが決まるのがもちろん、2020年11月1日に実施される大阪都構想住民投票です。

ありがたいことに、東京都選出にもかかわらず何人かの方にお声がけいただいたので、「住民投票、ぜひ注目してくださいね!」とお話をさせていただきました。

さらに大阪を、日本を前に進めていくために、私も微力ながらこの改革の魅力を伝えるために努力をしていきたいと思います。

視察にお付き合いいただいた高山みか議員・野上らん議員、ありがとうございました!

【おまけのオフショット】



よく歩きました。



高山みか議員は維新・大阪市議初(?!)のYouTuber議員としてデビューしたそうなので、チャンネル登録をぜひ宜しくお願い致します!



それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に!ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。