記事
  • ヒロ

社長兼従業員

1/2
会社の中でよくありそうな話が「社長、そんなこと、私どもがしますからどうぞお気になさらないで」でしょうか?社長が末端の仕事をしちゃいけないような風にも聞こえますが、人に言わせれば「社長はドーンと構えていてくれればいいんですよ」ということなのでしょう。

私から見ればそれは二時代ぐらい昔の話で今は社長が一番実務を知るべき時代だと思います。もちろん、業種にもよりますし、なんでも社長ができるわけではありませんが、少なくとも何が起きているか、現場を見て、何が悩みなのか、入り込む必要はあると思います。

私の社会人人生はやんちゃをしてチャレンジばかりでした。今だから言える逸話の一つをご紹介しましょう。24歳の時、ある大型の工事現場担当でした。場所柄近隣は山林で買い物も不便なところで作業員は宿舎に泊まり込みでした。現場立ち上げの際は作業員のために清涼飲料の自販機を置くのが普通で通常は近くの酒屋あたりにその手配をします。ところが、私は機械だけ業者から無料で借りてきて缶入り飲料を大量に仕入れて売ったのです。つまり任せないで自分で経営したわけです。

一缶55円で仕入れて100円で売るのですが、作業員が100人ぐらいいますので毎日百本は確実に捌けるのです。1年あたり150万円ほど利益が出るので貯まると現場旅行でパッと使ってしまいました。現場所長も私をよく放任したと思いますが、変わった奴だと思ったことでしょう。

私は多分既存のやり方がなぜそうなのか、常に疑問を持つタイプなのだと思います。自社の事業で年に一度の顧客との契約更改の書類でも毎年、見直してバージョンアップをかけるのです。つまり、自分自身に対しても既存に甘えないのだと思います。出入り業者も結構変えます。新しい業者は必ずなにかメリットをもたらそうと努力するからで胡坐をかいた業者には「さようなら」というのです。

こんな切った、貼ったの社会人生ですから経験値が異様に高まり、今まで人に頼んでいたことでも自分でできるようになったりするのです。

12月に買収を一つ、1月に売却案件を一つ完了させましたが、その間、弁護士も会計士も一切使っていません。ドキュメンテーションぐらいは全部自分で作れるからです。かつて当地の弁護士を多用していた時、弁護士の仕事をじっくり見て、自分でできるところまでやって弁護士に採点してもらうような仕事の仕方をしていました。

普通の人は弁護士にお任せしますが、私はそうではなくて弁護士と一緒にドキュメンテーションをさせてもらったのです。連中も基本的にひな形を使いながらそれを形に変えていくだけですから、ある程度のコツとポイントをつかむとこの契約では何が必要なのか見えてくるのです。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  7. 7

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。