記事

アカデミー賞 ブラピ、『パラサイト』は受賞なるか?を分析

ブラピは俳優として初受賞なるか?(写真/ゲッティイメージズ)

 世界的な映画の祭典『第92回アカデミー賞』の授賞式がいよいよ開催される(2月9日・日本時間2月10日午前)。そこで、“オスカー予想屋”として活躍中で、著書『なぜオスカーはおもしろいのか?』(星海社)が話題のMs.メラニーに、今年のアカデミー賞の見どころを教えてもらった。
 
 Ms.メラニーは、「今年のアカデミー賞は、例年になく派手な顔ぶれが揃っています」と注目ポイントを挙げる。

「レオナルド・ディカプリオ(45才・主演男優賞)やブラッド・ピット(56才・助演男優賞)、アル・パチーノ(79才・助演男優賞)、トム・ハンクス(63才・助演男優賞)、スカーレット・ヨハンソン(35才・主演女優賞)、シャーリーズ・セロン(44才・主演女優賞)、レニー・ゼルウィガー(50才・主演女優賞)…と、とにかくみんな知っているスターが勢ぞろいするので、映画にあまり詳しくない人が見ても楽しいはずです。女優陣のドレスなど華やかなファッションにも注目です」(Ms.メラニー・以下同)

 気になるのは誰が受賞するかだ。Ms.メラニーは独自の予想メソッドで一昨年のアカデミー賞(第90回)で全24部門中21部門の受賞予想を的中させた実績がある。そんな彼女は今年、ある大物俳優が初めて受賞するとみている。

「ブラッド・ピットが助演男優賞の最有力です。アカデミー賞では“時の大スターはオスカーをなかなかとれない”というジンクスがあります。代表格がトム・クルーズ(57才)、ジョニー・デップ(56才)、そしてブラッド・ピットです」

 この3人のように人気も実力もあるのに、オスカーと無縁なスターは少なくない。ブラピはプロデューサーとして『それでも夜は明ける』(2013年)で作品賞を受賞しているが、俳優としては主演男優賞で2度、助演男優賞で1度ノミネートされながら、受賞はゼロ。なぜ今回、俳優としてオスカーをとれるとみたのか? 

「今回、ブラピは『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でレオナルド・ディカプリオ演じるピークを過ぎた俳優を支える、付き人兼スタントマン役を演じました。自然な演技力で、彼の男としての色気や存在感がこれでもかと言うくらいに発揮されています。何より、アカデミー賞の前哨戦と言われ、ここで賞をとっているとアカデミー賞にぐっと近くなると言われるSAG(全米映画俳優組合賞)とゴールデングローブ賞、どちらも助演男優賞を受賞して勢いに乗っていることがとても大きいです」

 作品賞では、世界中で「こんな映画見たことがない!」と大旋風を巻き起こしている韓国映画『パラサイト 半地下の家族』に注目しているという

「私は、作品賞は『1917 命をかけた伝令』と、この『パラサイト 半地下の家族』のどちらかがとるのではないかと予想しています。『パラサイト~』がとれば、外国語の作品として初の作品賞という快挙となります。そもそもアカデミー賞はアメリカ映画の賞なので、アカデミー賞の象徴ともいえる作品賞を外国語(英語以外)の映画がとることは極めて難しいのですが、前述のSAGの映画部門で、作品賞にあたるキャスト賞を、この『パラサイト~』が初めて受賞し、アカデミー賞に近づいています。

 そもそも韓国映画がアカデミー賞作品賞の最終候補にノミネートされること自体が初めてですし、計6部門にノミネートされたことも初。今までの前例をことごとく打ち破っている作品ですから、“外国語映画は作品賞をとれない”という前例も覆しオスカーを獲得する可能性は十分あると思います」

 授賞式当日、いったいどんなニュースが世界を駆け巡るか。オスカー像を手にしているのは果たして--。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。