記事

北京で事実上の“マスク着用義務化” 従わなければ処罰や拘留の可能性も


 中国・北京では、週明けに多くの企業が業務を始めるため、公共交通機関などでマスクの着用を事実上義務付けるなど、感染拡大の防止策が強化されている。

 北京市は、地下鉄やバスなどの公共交通機関や、ホテルやショッピングモールなど人が多く集まる場所でマスクをしていない場合は、管理者が着用を指示するよう通知した。市民が従わなかった場合は公安当局が処罰し、拘留する可能性もあるとしている。

 さらに、発熱などの症状を隠し、隔離措置に応じず他の人を感染させた場合は、「危険な方法で公共の安全に危害を加えた罪」を適用し、最高で死刑を科すとしている。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

“新型肺炎”をいち早く指摘も死亡した医師に“英雄視” 中国

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。