記事

EU離脱でイギリスの野菜大幅値上げか 生活習慣病増の懸念も

1月31日、EU離脱を祝うロンドン市民(時事通信フォト)

 EU離脱により、イギリス国民の暮らしはどう変わるのか。歴史作家の島崎晋氏は、「庶民の食卓」に起こるであろう変化に注目する。

 * * *
 英国がEUから離脱して一週間が過ぎた。正確を期するならば、交渉のための移行期間に入ったわけで、国営放送のBBCはその状況を「しばらくは出発ロビーに」と表現している。

 移行期間は今年いっぱいまでだが、議会での承認手続きも考えると、交渉期間は最長で約9か月しかない。通常なら5年かかる交渉を9か月で済ませ、新たな合意を結ばねばならないのだから大変である。

 英国政府としては、EUとカナダ間で締結された自由貿易協定(FTA)と同様に品目ベースで98パーセントの関税を撤廃したいところだが、EUからすれば、拠出分担金を払わずに従来と同等の権利を求める主張に同意するはずもなく、交渉の難航は避けられないだろう。

 英国にとってEUは最大の貿易相手。2018年の統計によれば、輸出額の45パーセントはEU向けで、輸入額の53パーセントもEUが占める。一つ具体例を挙げれば、スコットランド名産のスコッチウイスキーの中身は国産でも、瓶はフランス製、コルクはポルトガル製だ。来年以降は瓶とコルクを輸入する際と完成品をEUに輸出する際の二度にわたって関税がかかり、かなりの値上がりが必至である。

 それ以上に庶民の生活を直撃するのは、野菜や果物の値上がりだろう。ロンドンを中心とするイングランドは北海道よりも高緯度に位置しており、国産の野菜は種類や量が限られる。EU加盟のどこかから安く買えるという理由から、ビニールハウスを設置してまで自給しようとする動きはこれまでほとんどなかったようだ。そのため、EUとの関税交渉がうまくまとまったとしても、輸送費の増大に加えて「最大25パーセント」と推測される通貨ポンドの下落などが重なり、すべての輸入産物において末端価格の大幅な上昇が避けられない。

 ロンドン在住日本人が発信するブログによると、1ポンド=150円で換算した場合、2019年末時点の市内庶民向けスーパーマーケットで、ジャガイモ1キロ約150円、特大キュウリ1本約68円、トマト6個入り約150円が相場だという。英国では日本の消費税にあたる最大20パーセントの付加価値税が生鮮食料品には適用されないため、野菜や果物、精肉などに限れば、東京より安く買えるもののほうが多かった。

 離脱が決まった現在の物価はどうか。ロンドン在住7年になる30代の日本人女性に問い合わせてみた。

「普通のスーパーと、市内で最大規模を誇るバラ・マーケットという食料品市場に足を運んだところ、値段は少し上がったかな、という印象です。でもそれは、ただのインフレなのかブレグジットが関係しているのか、季節の需要供給のバランスなのかがまだ分からないです。今の時点では、移行期間が完了して名実ともに離脱した時点での状況が想像もつきません。これからが正念場ですね」

 ブレグジット自体については、「余り現実味がなく、正直を言うと、まだ夢のような感じ」という。「白熱しているのは一部の人だけで、ミドルクラス以上は諦めムード。あまり取り乱したり騒いだりせず、客観視して自虐ジョークを言っている」とも教えてくれた。

 イギリスで栽培されている根菜類はともかく、EUからの輸入に頼っていたものの値上がりは避けられないため、生鮮野菜が庶民の手に届きづらくなることは目に見えている。

 ただでさえ英国では、心臓疾患の有病率がEU加盟国の中で最も高く、その原因が高脂肪、高糖分の食事にあると考えられているだけに、交渉期限の過ぎた来年の年明け以降、野菜不足に起因する生活習慣病のリスクが高まるのではないか。

 現在は物価の上昇がまださほどではないから落ち着いているのだろう。日本における少子高齢化問題と同じく、実際に尻に火がついてからでないと、目立った反応は起こらないのかもしれない。マイナス作用を誰もが実感させられるようになったとき、英国民がどのような進路決定をなすのか注目である。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『哲学と宗教』(徳間書店)がある。

あわせて読みたい

「ブレグジット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。