記事

原油先物は1%安、協調減産拡大巡りロシアが立場明確にせず

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は1%下落。ロシアが石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協調減産の拡大に参画するか決定するために時間が必要と述べたことを受けた。

ロシアのノバク・エネルギー相は7日、協調減産の拡大に同国が参画するかどうかを決定するには時間が必要だとし、減産拡大の提案に対し明確な立場を示すことは避けた。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が0.46ドル(0.8%)安の1バレル=54.47ドル。週間では6.3%下落した。

米WTI原油先物<CLc1>は0.63ドル(1.2%)安の50.32ドル。週間では2.4%下げた。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    蓮舫氏 交通・経済回す政策示す

    立憲民主党

  9. 9

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。