記事

SNSで議員が意見を発信できる時代、国会での不規則発言は一切禁止にすべき?舛添氏「いいヤジはどんどん飛ばしてほしい」

1/2

 衆院本会議での国民民主党の玉木雄一郎代表の質問中に議場に響いた、杉田水脈議員によるものと見られるヤジ。不規則発言はこれまでも度々問題になってきたが、“議場の華”とも言われ、無くなる気配は一向に見られない。さらに衆院予算委員会での“桜を見る会”に関連する質疑で飛び出した安倍総理の「嘘つき」発言など、国会でのやりとりに有権者からの批判も高まっている。


 国際政治学者の舛添要一氏は「とにかく演壇に立てば誰が発したかが分かるし、周りの人も絶対に分かる。それなのに箝口令を敷いて言わせないというのはどうなのか。そして、発言責任は全て本人あるので、逃げるべきではない。また、委員会は丁々発止でやりとりする場だし、本来は本会議場で飛ばすべき。そして、政府側が言うことでもない」と指摘する。

 その一方、舛添氏は東京都知事時代、「こういうヤジが良いという例というのはないけども、“あっ、よくぞそれを言ったな”というようなヤジというのは、国会議員の時には結構あった」とも話していた。


 自身が初めてヤジを飛ばしたのは、参院議員時代。「政審会長の時、憲法改正しようとしない野党に対して本会議場で無茶苦茶大きな声でヤジった。あとから“政審会長からはあまり言わないでください”と言われた(笑)。国会に比べれば、都議会の方がはるかに楽だった。都知事の答弁は一言一句書かれていて、それが面白くないからアドリブを入れたらブーイングが起こった。“それを読んだら終わりなのに、お前が喋りすぎて長くなったぞ”と。都議会はこんなに偉くなったのかと思った」と振り返る。

 逆に自身がヤジられたのは、厚生労働大臣在任中。「“年金は大丈夫です”と言ったら“何が大丈夫だ”と。確かに大丈夫ではなかったので一生懸命やった。ヤジに対して“ちゃんとやるぞ”ということを示さないといけなかった。戦前の国会では、ヤジで物事が動いたこともある。やはり、いいヤジはどんどん飛ばしてほしい。しかし今はSNSがあるので、そっちでチクった方が早い、という感じになってしまっている。だからヤジ、言葉の力がなくなったような気がしないでもない」。


あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。