記事

長友佑都、専属料理人を4日で挫折した三瓶に「楽しい道を選んで」

 2月4日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した、お笑い芸人・三瓶が、現在レギュラー番組0本で、貯金を切り崩す毎日だと語った。

 養成所のNSCを卒業してまもない2001年、「三瓶です!」のギャグを武器に、同期の誰よりも早くブレークした三瓶。

 2002年には、年間184本もテレビ出演するほどの超売れっ子になり、本人もその人気ぶりに「自分でも当時引いてました(笑)」と振り返る。

 平成ノブシコブシ・吉村崇は、新宿にある劇場「ルミネtheよしもと」は三瓶のために作られたものだと明かし、当時の人気を裏付けた。

 大ブレークし、一時代を築いたが、最近はその活躍を目にする機会も少ない。その理由を「イヤなことからすぐに逃げ出してしまう性格」だと話す。

 当時は多忙すぎて、自分の時間が取れないことに嫌気がさし、マネージャーからの電話に出なくなった。単独ライブを提案されると、「だったらこの世界やめます!」と宣言するほど強気だった。

 イヤなことから逃げまくった結果、仕事は激減してしまう。

 そんな三瓶を見かねて、長年付き合いのあった長友佑都・平愛梨夫妻から「トルコに来て私達の料理を作らない?」との誘いを受けたという。

 仕事にマンネリ感を抱いていたため、芸能活動を休止し、長友選手専属の料理人になるべくトルコ移住を果たす。ところが――。なんと滞在4日目にして心が折れてしまう。

 料理人を目指すも、言葉の壁や食事が合わないなどのストレスがたまり、「ここから逃げたいという思いが強くなった」と心境を吐露した。

 この思いを長友選手に打ち明けたところ、「三瓶さんの楽しいと思う道を選んで下さい」と優しく答えてくれたそうで、2カ月後に「満面の笑みで帰国しました」と話していた。

 番組の最後には「いただいた仕事は一生懸命やる」と宣言していたが、いまようやく新たなスタートを切ったということなのだろう。

あわせて読みたい

「長友佑都」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。