記事

本が売れない?

街の本屋さんがどんどん潰れていっている、出版不況だ、活字文化が失われてしまう、そういった声を頻繁に聞く。

たしかに、通勤の電車内でも本を読んでいる人は、めったに見かけなくなった。

代わって、スマホの画面から情報を入手している人だらけ。 それも、映像情報が圧倒的に多い。

また、デジタル世代とかデジタル・ディバイディドとか、つまりITを駆使できないと世の中で置いてきぼりを食らうと、ささやかれている。

本当に、そうなんだろうか? 本当に、活字を捨てて画像重視へと、社会がシフトしていくのだろうか?

もちろん、記録や記憶といった分野や、蓄積されたデータを瞬時に検索したりは、ITやAIの最も得意とするところ。

また、AIがもっと進化すれば、人間の独壇場ともいっていい発想力や構想力も、かなりの部分は代替されよう。

だから、なんだと言いたい。 社会のITやAIシフトが進めば進むほど、IT技術者の需要は高まろう。

そうはいうものの、人々の生活そのものがデジタル化されることなどない。

情報がデジタル化されたり、AIが人々の生活を多面的に補助するようになっても、飲んだり食ったりはアナログの世界だ。

つまり、好きだ嫌いだといったものから、すばらしいとかで驚く感性の世界は、きわめて人間的なものである。

その象徴が、詩であったり芸術であろう。 いや、文化や伝統技術からスポーツ・哲学の分野まで、感動の領域はずっと人間の世界である。

最近は、AIが作曲の補助をする? そう、補助まではだ。 ちなみに、電子音楽なんて、まったく心に響かない。

深い思考とか、感性の極みなんてところは、やはり活字をはじめとして人間の五感に頼るしかないと思う。

ここからが本論である。 世の中で活字離れが進めが進むほど、その価値が否応にも高まっていく. それが、世の常識である。

長期投資においても、本や活字を通して思考力を涵養していくのは絶対的に重要である。

せっせと本を読んでおきましょう。 それも、良書というものを。

あわせて読みたい

「IT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相 伊記者質問に辞任否定

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。