記事

【衆院予算委】「敷地外保管を進めるべき」原発汚染水問題で、小熊議員


 衆院予算委員会で7日、一般的質疑が行われ、国民民主党の小熊慎司議員が共同会派の3番手として質問に立った。政府の「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」が1月31日、福島第一原発事故に伴って発生した高濃度の放射性物質を含む汚染水の処理方法として海洋放出が有利である旨の取りまとめを発表した問題について経済産業大臣らをただした。

 小委員会報告を受けて今後どのように意思決定していくのかについて経産相は、「関係者のご意見をしっかりと聞いて結論を出していく」と答弁した。それに対して小熊議員は、「関係者」の定義を求めたところ、「福島第一原発が立地している自治体及び発電所の周辺地域、福島全域」と答弁したことから、「海洋放出が福島ありきではないか」と追及した。経産相は「まだ結論は出していない」と明言を避けた。

 原発敷地内に保管している汚染水をためるタンクが2022年夏ごろに満杯になるとの見通しを東電が明らかにしている中、2年の準備が必要な海洋放出を2022年夏から始めようとすれば、今夏までに意思決定をしなければならないと指摘。それまでに海洋放出地域を決定し、関係者の理解を得るのは困難であることから、「敷地外保管を進めるべき」と提案した。

 最後に環境相、経産相らに向かって「自分の選挙区の海に『トリチウム水が科学的に大丈夫だ。環境省としても大丈夫だと思う』。それで流したらどんな風に地域の人が思うか。想像してみてほしい。すごく大変なことだ。それを放出する時には、その地域に押し付けるということか。背負わせるということか。その思いを持てば2022年は超えてもう少し時間をかけなければいけない」と説いた。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。