記事

“ガラケー女”に間違われた女性、人生を変えた壮絶な1日

1/2
“ガラケー女”と間違えられ、冤罪被害を受けたAさんは釈明記者会見を開いた(共同通信社)

 ある日突然、自分の名前や顔写真、住所などの個人情報がインターネット上で公表される。それも、犯罪者として──もちろん、身に覚えはない。情報が広がるスピードは速く、2時間もあれば数百万人が、自分を犯罪者として叩き始める。家族まで危険にさらされ、仕事の信用も失う。

 そんなこと、自分の身には降りかかるはずがないと思っているのではないだろうか。しかし、こういったネットでの誹謗中傷事件は10年ほど前から増え続けている。なぜ、こんなことが起こるのか…。誹謗中傷書き込みで犯罪者にされた被害者を取材。彼らもまた、まさか自分にこんなことが…と思っていた。常磐自動車道で2019年8月10日に発生した「あおり運転殴打事件」では、宮崎文夫被告が、当時24才の男性にあおり運転を仕掛け、その後無理矢理停止させ、「殺すぞ」などと怒鳴りながら殴打した。その様子を脇でガラケーを使い撮影する「ガラケー女」も注目された。

◆あおり運転事件の容疑者“ガラケー女”と間違われ、1日で人生が一変しました…

【2019年8月17日(土) 午前4時】

 2019年8月17日土曜、朝4時。1件の投稿がツイッターに上がった。そこには、ある女性の顔写真とともに「#ガラケー女 ○○(女性の本名)」の一文が書かれていた。その後さらに別のツイッターも上がり、そこには、女性の顔写真とともに「あおり運転 指名手配犯 ガラケー女 ○○(女性の本名) 拡散希望」といったつぶやきが──。

 このツイートは瞬く間に広がり、その女性の顔と名は犯罪者として日本中に知れ渡ることとなった。

【2019年8月17日(土) 午前6時】

 彼女が事態に気づいたのは午前6時のことだった。

「あの日は、休日だったにもかかわらず、早朝からたくさんのメールが送られてきたんです。タイトルには『宮崎の女だろう』などと書かれており、わけがわかりませんでした。電話も執拗に鳴り続けていたのですが、知らない番号だったので無視していると、友人から連絡が。慌てて出ると、私を犯罪者とする内容の情報がネットに流れており、実名と顔写真も公開されていると教えられました。何が起こっているのか状況がわかりませんでしたが、自分が犯罪者扱いされている事実に対し、どう対処すべきなのかを考えました」

 当時を振り返り、そう話すのは、茨城県で起きたあおり運転殴打事件の容疑者と間違われ、ネットに個人情報を流されてしまった被害女性Aさんだ。落ち着いた物腰、冷静な語り口調の彼女だが、当時はパニックを起こしたという。

 この事件は、8月10日に起こった。宮崎文夫被告の車に同乗し、その蔵匿・隠避にかかわった、通称「ガラケー女」と、インスタグラムにアップされたAさんの写真の服装やサングラスがたまたま似ていたことと、宮崎被告がAさんのインスタグラムをフォローしていたことから、Aさんが「ガラケー女」だというデマが流されたのだ。

【2019年8月17日(土) 午前7時44分】

 苦情の電話が300件以上鳴り、インスタグラムへの誹謗中傷だけでも1000件以上。知らない人からのいわれのない悪口や脅迫にさらされ、通常なら、恐怖で思考停止になってもおかしくはない状態だ。にもかかわらず、彼女の行動は早かった。

「何をしていいのかわからなかったのですが、とにかくなんとかしなきゃと必死でした。周囲の人に相談しても、誰も経験のないことで、答えが見つからない。なのに、私への投稿はものすごいスピードで増え続け、一時、インスタグラムが読み込み中のまま開かない状態にまでなりました。怖くて仕方がなかった。それでとりあえず、フェイスブックに自分の声明を投稿することにしたんです」(Aさん)

 それが7時44分のこと。

《起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください》

 こう投稿するが、これがさらに火に油を注ぐこととなった。《捕まれBBA(ババア)》《殺人未遂犯した後にのうのうと生きてインスタ更新できないよね。(中略)精神異常者》をはじめ、文字にすることもはばかられるような誹謗中傷が殺到。Aさんは、自分では対応しきれないと、朝9時に知人に相談。そこからさらに弁護士の小沢一仁さんを紹介してもらった。ここで、ネット炎上に詳しい小沢さんと巡り合えたのは幸運だったといえる。

あわせて読みたい

「デマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。