記事

目黒女児虐待死の母が獄中手記発表 「逮捕していただいた」


結愛ちゃんと、このほど事件についての手記を発表した母・優里

「実は、裁判資料もあまり読めていないんです。この時期は特に、どうしても気持ちが沈んでしまって」

 彼女の控訴審は近く予定されている。だが、その準備はなかなか進んでいないと正直に明かした。「この時期」とは、結愛(ゆあ)ちゃんの命日である。

 2018年3月2日、東京・目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5才)が虐待の末に死亡し、母・優里(27才)は保護責任者遺棄致死罪に問われた。結愛ちゃんを直接暴行したのは夫・雄大だが、優里が「結果的に容認した罪は重い」と裁判官は判断。夫のDVで正常な判断能力が失われていたことは考慮された上で、実刑8年の判決が下された。

 2月7日、優里自ら事件について綴った一冊『結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記』が出版された。そこには獄中で罪や現実と向き合おうとするたびに懊悩する姿が、淡々と描かれている。

◆「逮捕された」ではなく「逮捕していただいた」

 手記には、偽らざる優里の言葉が並ぶ(以下《》内は手記からの引用)。

《2018年6月6日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない》

 獄中ノートは、彼女が拘置所に移った2018年8月から書かれている。記憶が鮮明で、感情も整理されていない取り調べ前後の記述は生々しい。

《今日から取り調べが連日行われる。(略)いま私が向き合っている刑事は、どうしても私の苦手なタイプだ。(略)

 3か月前、結愛のお葬式の後、私がまだ逮捕されていなくて、任意の事情聴取の時のことだ。「家族みんな葬式で泣いていたのに、あなたは泣いていなかったよね。あれは何? 性格かな? おかしいんじゃないの?」私は悔しかった。涙が出なかったんじゃないんだよ。お葬式で泣くということは被害者の母親に自分が分類されるということ。被害者の母親として被害者づらする私を加害者の私が許さなかった。涙がこぼれないように必死で耐えた》

 手記では、自らの本心や感情と周囲の認識にギャップがあったことがたびたび触れられている。素直に感情表現ができない。話しかけられると、なぜか「ごめんなさい」と思ってしまう。「近寄らないでオーラが出てる」と指摘されることも多かったという。取り調べでもそうした彼女の「個性」が刑事の誤解を招いたことも多々あったようだ。

《警察官は私が「死にたい」と言った時、「あなたより辛い思いをしている人はたくさんいるんだ」と言った。(略)

「結愛ちゃんのために生きて償え」と言われるが、私はこの言葉が大嫌いだ。

「生きて償う」という言葉は生きたい人のためのものであって、私のような立場の人間で本当に生きて償っている人は、この世に何人いるのだろうか。ただ死ぬのが怖いから、そう思おうとしているだけではないか。(略)私は刑事の話を聞いて「どうしてありきたりのことしか言えないの? 余計に死にたくなったんだけど」と正直思った》

《まだ任意の調べ中、この刑事は「僕はあなたを許さない」と怒りの涙を流しながら私に訴えた。そうだよね、結愛の体と部屋中に張りめぐらされた結愛のやらなくちゃいけないリストの貼り紙を見たら、誰だって許さないと言うよ。(略)私が置かれている立場は加害者である。どんなに結愛を愛していたって言っても、どれだけ結愛を可愛がっていたとしても、結果を見れば誰も私の訴えなど信じられないのだろう》

※女性セブン2020年2月20日号

あわせて読みたい

「目黒の女児虐待死事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  3. 3

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

  9. 9

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。