記事

反トランプ攻撃開始「ボルトン」のゲリラ戦 - 杉田弘毅

1/2

 この人をどう形容すべきか悩む。

 あるべき米外交を貫こうとして敗北したのか、それともお払い箱になった時代遅れの頑固な戦争屋なのか。

 ジョン・ボルトン前国家安全保障問題担当大統領補佐官。

 ドナルド・トランプ米大統領の娘のイバンカ補佐官や、その夫のジャレッド・クシュナー上級顧問が代表するスタイリッシュな今のホワイトハウスで、野暮ったい口髭に眼鏡、仏頂面で佇む姿は、半世紀前のワシントンの遺物のように見えた。

 その補佐官職だが、昨年9月、在任わずか1年半で解任された。

 ロナルド・レーガン政権時代から約40年間にわたり、米外交・安全保障政策サークルにいたボルトンからすれば、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と3回も笑って会談するトランプ大統領には付き合いきれなかったのだろう。

なぜ今「反トランプ」なのか

 さて、ボルトンのウクライナ疑惑をめぐる回顧録『それが起きた部屋』(“The Room Where It Happened”=3月17日刊行予定、未邦訳)である。

 中でももっとも注目を集めたのは、トランプ大統領が執務室での自分との会話で、“ジョー・バイデン前副大統領親子への捜査が、ウクライナへの軍事援助再開の条件だった”と明言した、という内容だ。だが、大統領弾劾裁判でのボルトンの召喚は実現せず、その具体的な内容が宣誓の上で直接語られることはなかった。

 トランプ大統領は、汚職対策の強化を求めるためにウクライナへの軍事援助を凍結したのであり、バイデン捜査とは無関係だ、と主張してきた。外交を自分の再選選挙には結びつけていないという論法だ。

 だが、ボルトン回顧録はその主張を崩す。だから大統領は、「ボルトン氏は自分の本を売るために嘘をついている」と口汚くののしり、「大量の機密情報」を理由に出版を禁じると圧力をかけた。

 もっとも、ボルトンの主張の方が真実に近そうだ。

 彼の部下だったフィオナ・ヒル元国家安全保障会議(NSC)欧州ロシア上級部長が下院証言で、ウクライナへの軍事援助凍結を聞いたボルトンが「それは麻薬取引のようなものだ」と語り、大統領は違法な行為に手を染めた可能性があるから、「NSCの弁護士に知らせた方が良い」と話していた、と明らかにしている。ボルトン回顧録はヒルの証言とつじつまが合う。

 ボルトン回顧録は弾劾裁判で封殺されたから、蒸し返しても意味がないのかもしれない。

 しかし、なぜボルトンがあえてここでトランプ大統領に反旗を翻すのか。

 探ってみると、大統領に対する共和党の外交・安全保障専門家らの不満の高まりが浮かび上がる。トランプ大統領は再選しても、いばらの道が待っていそうだ。

子供のころから筋金入りのタカ派

 ボルトンは、「自分はネオコンではない」とよく口にする。

 1997年、ネオコンの代表格であるポール・ウォルフォウイッツ元国防副長官らと共に、イラクのサダム・フセイン大統領(当時)を軍事力で排除するよう促す「米国の新世紀計画」を発表しており、軍事力を行使した独裁者排除と民主化の実行を唱えるネオコンと、よく誤解される。

 ボルトンによれば、ネオコンとは「現実の世界に圧倒されて非軍事志向から軍事志向に変わったリベラル」だが、本人自身は考えを変えたのではなく、「子供のころから筋金入りのタカ派だった」と言う。

 メリーランド州ボルティモアの消防士の家に生まれたボルトンの自慢は、1964年の大統領選で共和党保守派のバリー・ゴールドウォーターを支持したことだ。ジョン・F・ケネディ暗殺の直後だったし、若者の間ではリベラルがブームとなっていた。

 ゴールドウォーターは対共産圏への核戦力増強を唱えたタカ派で、大統領選で惨敗した。だが1980年代のレーガン旋風につながる保守の基盤固めに成功した。

 ボルトンは名門エール大学でも、ベトナム反戦運動で授業をボイコットする同世代の学生たちを苦々しく思っていたという。

 大学卒業後、ボルトンはエール大の法科大学院で学ぶが、ビル・クリントンとヒラリー・クリントンも、その頃エールの法科大学院で学んでいる。クリントン夫妻への苦々しい思いは、大学院時代に芽生えたのかもしれない。

「売り込み」で頂点に

 保守の希望の星だったレーガンが1981年に大統領に就任すると、ボルトンは国際開発局(USAID)の法務担当になった。その後ジョージ・ブッシュ(父)政権では国際機関担当の国務次官補、ブッシュ(息子)政権で軍備管理・国際安全保障担当の国務次官、国連大使と出世の階段を上った。

 しかし、頑固なタカ派思考とライバルの弱みをつかんで攻め立てる性格は、敵も多く作り、国連大使就任では上院の正式の承認は結局得られなかった。

 ボルトンの思想は、

「米国こそが自由を求める世界の人々の希望であり、米国の国益を徹底して守ることが世界にとって最善の戦略」

 というものだ。

 国連などの国際機関や2国間、あるいは多国間条約に縛られることで米国は行動を束縛されてきた。その束縛を解くことこそが米国の、そして世界のためになる、という考え方である。それは孤立主義、米国例外主義、軍事タカ派をブレンドしたものだ。

 ゴールドウォーターは1964年の選挙で「自由の防衛のために極端な手立てをとることは邪悪ではない」と語ったが、ボルトンの信念はこれに似ている。ゴールドウォーターの「極端な手立て」という言葉は核戦争を意味すると非難され、大統領選惨敗の原因となった。

 野暮に見えるボルトンだが、メディア受けする発言をたびたび行い、注目を浴びるのも得意だ。有名な発言に、

「38階建ての国連事務局のビルがある日、10階分消えたとしても世界は何も困らない」

 というのがある。現実の国際政治に影響を及ぼさないままに予算を浪費する国連を揶揄したものだ。

 トランプ政権が誕生すると、リチャード・アーミテージ元国務副長官を代表とする共和党の外交・安全保障専門家らが、トランプの異端さにあきれて政権入りを全面否定する中で、ボルトンはかじ取りをする。大統領が好む『FOXテレビ』のコメンテーターとして、「アメリカ・ファースト」を擁護する発言を行い取り入った。

 実際、ボルトンの「米国の国益を守る」は、トランプの「アメリカ・ファースト」に通じる。政権発足から1年強で2人の国家安全保障問題担当補佐官を失ったトランプの目にとまり、このポストの3人目として、2018年4月に政権入りを果たした。トランプはボルトンの口髭が大嫌いだったが、売り込みに負けた。ボルトンのワシントン生活の頂点である。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相 伊記者質問に辞任否定

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。