記事

ツイッター、第4四半期売上高が初の10億ドル突破 株価15%高


[6日 ロイター] - 米短文投稿サイトのツイッター<TWTR.N>が6日発表した昨年第4・四半期決算は、売上高が初めて10億ドルを突破した。プラットフォーム刷新に向けた取り組みが奏功し、利用者が増加した。

午前の取引でツイッターの株価は15%超上昇した。 

売上高は前年同期比11%増の10億1000万ドルで、アナリスト予想の9億9670万ドルを上回った。

総広告収入は12%増の8億8500万ドル。

ツイッター上で広告を見た1日当たりの平均アクティブユーザー数(mDAU)は1億5200万人と、前年同期の1億2600万人から増加し、市場予想の1億4750万人を上回った。

主要市場である米国での売上高は17%増の5億9100万ドル。一方、海外での売上高は3%増にとどまった。

純利益は1億1900万ドルと、前年同期の2億5500万ドルから減少。特別項目を除く1株利益は0.25ドルで、予想の0.29ドルを下回った。

総費用は前年同期比22%増の8億5400万ドル。すでに計画されていた増員が一因。

第1・四半期の売上高見通しは8億2500万─8億8500万ドルとした。市場予想は8億7260万ドル。営業利益見通しは損益トントン─3000万ドルとした。

ドーシー最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会議で、新機能のより迅速なリリースが今年の最優先課題と述べた。

また、新たなデータサーバー立ち上げ計画を踏まえ、今年の経費は20%増加する見通し。

ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、マイケル・パクター氏は「営業経費増加見通しは、利益が過去ほど速いペースで拡大しないことを示唆している」と指摘した。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  3. 3

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  4. 4

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  5. 5

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  6. 6

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  7. 7

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  8. 8

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  9. 9

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  10. 10

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。