記事

準強姦2審で逆転有罪 フラワーデモの効果もあるか

性暴力に対する、加害者を無罪とする判決が続き、抗議する「フラワーデモ」が各地で開催されていますが、そのもとになった判決のひとつで、逆転有罪が言い渡されました。

酒に酔って眠り込み、抵抗できない状態の女性と性交したとして、準強姦の罪(現在の準強制性交罪)に問われ、1審の福岡地裁久留米支部が無罪判決(求刑懲役4年)を出した、福岡市の会社役員椎屋安彦被告(44)の控訴審判決公判が、昨日5日、福岡高裁でありました。

鬼沢友直裁判長は「被告は被害者の状態を認識していた」として、1審判決を破棄し、懲役4年の実刑を言い渡しました。当然の判決だと思い、少しほっとしました。

2019年3月の1審判決は、女性が抵抗できない状態だったと認めたものの、明確な拒絶の意思がなかったことから「性交を許していると誤信してしまう状況になった」と判断し、「女性が抗拒不能の状態だったと被告は認識していなかった」として、準強姦罪の成立に必要な故意がなかったことから無罪と結論づけました。

検察側は、「被告は女性の状態を認識していた」として控訴しました。鬼沢裁判長は、酩酊して眠り込んで抗拒不能の状態だった女性を被告が直接見て性交していることを根拠に「被害者が抗拒不能状況にあると認識していたと優に認められる」と故意を認定しました。

性暴力事件への無罪判決が4件相次いだことから、昨年4月11日に、被害者への連帯の思いを示す花を手に、500人以上が東京駅前に集まったことが、フラワーデモの始まりで、全国で性暴力の撲滅を願う人たちが街頭に集まってきました。

開催を呼びかけた作家の北原みのりさんは「声を上げたたくさんの人たちの思いが、少しでも届いたのだとすればうれしい」と話しています。性犯罪の被害者支援をしている弁護士は、「一審判決はセカンドレイプとも言える内容で、被害者が受けたダメージの大きさは計り知れない」と話した、と報じられています。

性被害を訴えて3年前に実名で改憲した、ジャーナリストの伊藤詩織さんは、2ヶ月前に民事訴訟で勝訴していますが、糾弾することが目的ではなく、「声を上げることが私なりのサバイバルの方法でした」と語っています。

「誰かが変えてくれるのを期待し、待つのではなく、自分が動けば変えられる。誰もがそのパワーを持っている」ということばが、心に響きます。

まだまだ女性の人権が、性については特に軽んじられている日本で、司法の判断が女性の訴えに寄り添ってくれたことに安堵し、こうした認識が広がることを願っています。

あわせて読みたい

「性的暴行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  4. 4

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  9. 9

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  10. 10

    97人感染受け小池都知事が危機感

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。