記事

茂木外務大臣や河野防衛大臣を凌ぐ交渉力を発揮出来そうなタフな人が野党の中におられるかな?

安倍総理は、どう見てもそろそろ終わりである。

言葉の乱れ様が尋常ではない。
まあ、今の野党には政権を担うだけの器量がありそうな人がいそうにないから、この状態でも何とか凌げるのだろうが、そろそろ何とかして欲しいと思っておられる方が与党の中にもそれなりにおられるはずである。

二階さんのようにご自分のポジションを維持するために安倍4選を志向しているように見える人もいるにはいるが、自民党の大勢は安倍後に向かって動いているはずである。

目下のところ岸田さんが一歩先行しているように見えるが、世間では石破さん待望論もそれなりに強いようだから、これからどうなるかは何とも言えないところがある。
確実に言えるのは、野党の皆さんには今の状況で政権が回ってくることはない、ということである。

皆さん、軽すぎる。
野党の主だったメンバーにどれだけの交渉力があるのかトンと分からない。

色々批判がある安倍内閣だが、安倍内閣の閣僚はそれなりに大したものである。
勿論、どこにも例外はあるのだが、外交と防衛に関しては茂木外務大臣や河野防衛大臣を凌ぐだけの交渉力を持ったタフな政治家が野党の中にいるとはとても思えない。

次の総裁候補に名乗りを上げるのはまだ早いと思うが、名まえを挙げたお二人はいずれは必ず名乗りを上げるはずである。
特に注目すべきなのは、河野太郎氏。

いずれアメリカから今以上の防衛費負担を迫られるはずだが、既にその時のための反論の資料を準備されているようだ。

理詰めで反論しようというのがいい。
日本はこれだけの負担をしている、ということを具体的数字を示して説明しているのがいい。

具体的数字を示して反論されれば、如何にも力尽くで自分の要求を押し通しそうなディールの達人でも無理はしないはずである。

野党の皆さんは、こういう交渉術を学ばれたらいい。
大きな声を出すだけでは、相手を説得出来ない。

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。