記事

フィリピン中銀、政策金利を3.75%に引き下げ 追加緩和も示唆

[マニラ 6日 ロイター] - フィリピン中央銀行は6日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ3.75%とした。

新型肺炎の感染拡大の影響を抑制することが狙い。経済成長を下支えするため、さらに金融政策を緩和する用意があると表明した。

現在の金融緩和局面で4回目の利下げとなった。

ジョクノ総裁は会見で「インフレは管理可能であり、市場心理を支えるため、予防的な利下げ余地があった」と述べた。

ロイター調査では、エコノミスト11人中9人が利下げを予想、2人が据え置きを予想していた。

中銀は前回まで2会合連続で金利を据え置いていた。

ジョクノ総裁は、新型肺炎の影響が第1・四半期の経済成長率を最大で2%ポイント、第2・四半期の成長率を4%ポイント下押す可能性があるとの見方を示した。

フィリピン政府の今年の経済成長目標は6.5%-7.5%。

ジョクノ総裁は6日のビジネスフォーラムで今年50bpの利下げを実施する意向に変わりはないと発言している。

1月のインフレ率は8カ月ぶり高水準の2.9%となったが、中銀はインフレは引き続き抑制されており、景気を下支えする「十分な」余地があると表明した。

今年のインフレ率予想は2.9%から3.0%に上方修正された。アフリカ豚コレラの発生や悪天候による供給面のショックが理由。来年の予測は2.9%で据え置いた。

INGのエコノミストは、中銀が恐らく5月の会合で追加利下げを実施すると予想。「インフレ見通しが依然として落ち着いていることが、中銀に金融緩和を続ける余地を与えている」と指摘した。

セキュリティー・バンクのエコノミストはノートで、「フィリピン中銀にはなお、必要とあれば追加の金融緩和をするための政策余地が十分残されていると考えている」と述べた。

この日フィリピンペソは対ドル<PHP=>で1ドル=50.78ペソと、前日終値の50.92ペソから上昇して引けた。

フィリピン中銀の次回の政策決定会合は3月19日の予定。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  5. 5

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  10. 10

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。