記事

「“震度10”で煽るスパムウイルスに注意」というスパムメールが流行中のカオス

「日本で震度10級の地震が発生する」――。

そんなタイトルの動画が出回っているとして、視聴しないように呼び掛けるメールが拡散している。ネット上を見回しても該当する動画は見当たらず、単に恐怖心を煽るチェーンメールとみられる。

“震度10級”の地震は存在しない 不安煽る文面

メールは5日ごろに拡散されたとみられ、文面は以下の通り。

緊急お知らせです(!) 皆様ご注意 下さい。
[日本に震度10級の地震]というタイトルの動画が来たら絶対に開けないで下さい。
すぐに削除お願いします。
実際の動画ではなくスパムウイルスですが、携帯電話にある送金機能など銀行業務の情報を引き出すそうです。
現在、新聞にも報道されたそうです。
周りの方にもお伝えして被害がないようにしてください。

メールは、動画を装ったスパムウイルスだと指摘し、入出金情報などが引き出されることを示唆している。「周りの方にもお伝えして被害がないように」などと、一見親切な内容にも見えてしまう。


Twitter上ではトレンド入りも早々にスパムとの疑いが

このメールを受け、Twitter上では6日朝、「震度10」のワードでトレンド入りしたものの、「ウィルス添付されてる可能性あり。まぁ気を付けよう。」「こんなの詐欺以外ありえません」などとこのメールに信ぴょう性がないとする冷静なツイートが相次いでいる。

「震度10の地震が来るというスパムメールに注意というスパムが回ってくる」などと、不特定多数の人への拡散を狙ったものと指摘するツイートもあった。

実際、Twitter上を検索しても、6日午前10時現在で、震度10級の地震に関する動画は発見することが出来ない。新聞など報道を調べても、該当する記事は発見できない。

今回のメールは目的がはっきりしないものの、不必要に恐怖心を煽るチェーンメールと判断するのが妥当だろう。

震度は0~7までの10段階 確認したい地震への備え

ちなみに、気象庁は震度について、0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7の10段階を設定し、「震度10」は紹介していない。最大の震度7は、東日本大震災や、阪神大震災、熊本地震などで観測している。

気象庁ホームページから

気象庁では、各震度で想定される被害状況を紹介しており、いたずらなスパムメールだけでなく地震にもしておきたい。

あわせて読みたい

「スパム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  6. 6

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    柄本時生結婚 妊娠には触れるな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。