記事

『ケイジとケンジ』次回予告から“消えた”東出昌大の出番は?

 1月30日に第3話を迎えたドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』(テレビ朝日系)。東出昌大(32)と桐谷健太(40)のW主演でスタートした同作だが、1月23日に報じられた東出の不倫報道以降、思わぬ話題作となってしまった。

「報道が出た当日に放送された第2話は視聴率が1桁台に落ちましたが、第3話は一転して10%台に回復。騒動後も東出さんの出演は継続を予定しています」(芸能ライター)

 だが、「東出自粛」の動きは活発になっている。出演していたCMは各社が打ち切りやWEB動画の削除に動いている。なかでも「フジ住宅」はCMによる損害を調査中という報道も出た。

 そして、ついに好調なドラマ『ケイジとケンジ』にも、「自粛」の動きが……。

「第4話の次回予告から東出さんが “消えた” んです。これまでは、刑事役の桐谷さんとのツーショットがお決まりでしたが、4話の予告では検事役の東出さんが柳葉敏郎さん扮する上司と話す様子が一瞬映るのみです」(ドラマウォッチャー)

 1月30日の第3話放送後には、ツイッターでも、

《ケイジとケンジ、気になって残り5分見てたら、次回予告の映像、9割5分桐谷くんやん》

《次回予告でケンジ側があまり映らなかったのはやっぱりあの件が関係してるのかと気にしてしまった…》

《ケイジとケンジ…次回予告にほとんど東出の姿無し。影響してる…》

 と騒動の「影響」を心配する声であふれた。

 実際のところドラマ放映中に急遽、大幅な構成変更を余儀なくされた場合、脚本などを書き換えることは可能なのか?

「だいたいの連続ドラマは、クランクイン前に3~4話の脚本を書き終えている状況で、その後の脚本は放送前週に書き終えるのが普通です。ですから、今週の4話でガラリと桐谷さんメインに話を寄せて、それ以降も東出さんの活躍を極力抑えるといった構成は十分に可能でしょう」(前出・ドラマウォッチャー)

 警察ドラマが氾濫するなか、「刑事と検事という、日本のドラマではあまり類を見ない組み合わせ」がウリだった同作。東出が次回予告から“消え”、主演が「ケイジ」だけになってしまうのか? 注目の第4回は今日放送だ。

あわせて読みたい

「東出昌大」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  10. 10

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。