記事

タニタ公式Twitter「中の人」、退職していきなり個人事業主になって不安じゃないですか?

1/2

ある日、ライターの菊池がTwitterを見ていると、こんなツイートがタイムラインに流れてきました。

タニタ公式Twitterの「中の人」が退職……? タニタの公式Twitterアカウントは、ユーモアとセンスあふれる投稿で、フォロワーが30万人を超えるなど、とても人気な企業アカウント。その運用者が会社を退職「した」とは、一体どういうこと……?

菊池菊池
真相が知りたい……!

そう思った菊池が調べたところ、どうやらこれは、株式会社タニタがはじめた「日本活性化プロジェクト」という仕組みをTwitter運用担当の方が参加した、という意味のようです。

独立を希望する社員はタニタを退職、新たに「個人事業主」として同社と「業務委託契約」を結びます。それまで行なっていた仕事は「基本業務」として担当できるこの仕組み。個人事業主として、他社の仕事を請け負ったり、正社員時代には取り組みづらかった新しい領域の仕事にチャレンジしたりできます。

タニタの働き方革命』(日本経済新聞出版社刊)によると、「この活性化プロジェクトは、『会社員』と『フリーランス』のいいとこ取りができる仕組みだ」と代表取締役社長 谷田千里氏は述べています。

話を聞く限り、とても魅力的な仕組みに思えます。でも、いきなり個人事業主になって不安じゃないの? 給与って減らないの? 退職してみて実際のところどうなの──?

気になった菊池は、タニタ公式Twitter中の人に話を聞きに行きました。


株式会社タニタ公式Twitter運用担当者「中の人」。ブランド統合本部新事業企画推進部。現在35歳、実名と顔は非公開。2008年にタニタに新卒入社し、営業の仕事を担当するなか、2011年にTwitterの運用をスタート。8年間ほぼ毎日コツコツとツイートを続け、愛される企業アカウントに成長させた。2017年、日本活性化プロジェクトの第一期メンバーとして参加。同年タニタを退職し、個人事業主としてタニタの業務を継続している。

新しいことに挑戦すれば、この先なにがあっても生きていける力が身に付く

菊池菊池
今日は、退職してみて実際のところどうなのか、お話を聞きに来ました。

中の人中の人
わかりました。なんでもお答えしますよ。

菊池菊池
ありがとうございます! そもそも会社で「日本活性化プロジェクト」の話を聞いたときは、どう思いましたか?

中の人中の人
最初はよくわからないなと思いました(笑)。

なぜ社員を個人事業主化する必要があるのか、個人事業主になったらどんな働き方になるのか。業務委託としてタニタで働く……。話を聞いた直後はどういうことなのか理解できなかったですね。

菊池菊池
では、なぜ参加を決めたのですか? 

中の人中の人
話を聞いてからしばらく考え続けて、このまま10年、20年と正社員として働き続けても、自分を変えられないと思ったのです。もっと成長していくためには、環境を変える必要があるのではないかと。

そこで、成果と評価が直結しやすい個人事業主になってみようと考えました。

菊池菊池
もっと成長が必要だと思ったのですね。

中の人中の人
10年先の未来を考えたときに、どんな仕事に価値があり、どんなスキルが求められるかは、わからないじゃないですか。今成長している企業だって倒産する可能性もあります。

自分の成長を考えずに、日々同じ仕事だけをしていたら、勤めていた会社が倒産したときに、選択肢がほとんどなくなるかもしれません。逆に新しいことに挑戦すれば、この先なにがあっても生きていける力が身に付くと思ったんです。


菊池菊池
『タニタの働き方改革』には、「社長が言うんだからやってみようと思った」とも書かれていましたよね。

中の人中の人
私が入社した年の途中で現社長が就任したのですが、その頃から一緒に仕事をする機会が多くあり、社長のことを信頼していました。

「会社が成長していくには、どんどん新しい挑戦をしないといけない。そのためにも社員それぞれが思う新しいことを自由にやってほしい」と繰り返し伝えてくれたことが、印象に残っています。

「会社が苦しくなったらいつでもクビにできるってことじゃないの?」

菊池菊池
社長を信頼していたからこそ、プロジェクトへの参加もすんなりと決断できたんですね。

中の人中の人
でも家族には、ものすごく反対されました。

菊池菊池
そうですよね……。せっかくいい会社で正社員として勤めていたのに辞めるなんて。

中の人中の人
「会社が苦しくなったらいつでもクビにできるという、会社本位の制度じゃないの?」と家族から言われました。私がいきなり正社員じゃなくなることが不安だったみたいです。

菊池菊池
どのように納得してもらったのでしょう?

サイボウズ式

中の人中の人
伝えたことは二つあります。

まず「企業だって倒産する可能性があるのだから、正社員=安心なわけではない」と。「企業が倒産しても仕事をしていけるように、早いうちから準備をしておいたほうがむしろ安心だと思う」と伝えたんです。

菊池菊池
たしかにそうですね。

中の人中の人
次に「社長が言うのだから信じてみたい」と。

そもそも当時、会社は、人手が十分に足りている状況ではなかったので、あえて誰かを辞めさせる判断はしないはずだと思いました。

それにこれまで社長と一緒に仕事をしてきて、社員をクビにするためにこのプロジェクトを導入するような人ではないとわかっていました。だから、家族には「一緒に信じてほしい」と言いました。

菊池菊池
経済的な面での不安の声はありませんでしたか?

中の人中の人
直接言われたわけではないですが、不安はあったと思います。

でも、蓋を開けてみると、手取り収入は増加してたこともあり、今は家族も理解してくれているように思います。

あわせて読みたい

「タニタ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。