記事

枝野氏が、調子に乗るな、と一喝したことはいい

権力を握るとつい調子になって暴走してしまうことがあるのは、世の常で、与党も野党も同じである。

枝野氏が自党の国対委員長を強く窘めた、というニュースが流れてきたが、これはこれでいい。

自分が驕り昂ぶっていないか、調子に乗って世間の顰蹙を買っているようなことをしていないか、自分の判断が間違っていないか、等のことを常に念頭に置きながら、皆さん、適切に行動されることである。

恐いのは、誰も本当のことを言ってくれなくなった時。

枝野氏は、それなりに目が見え耳が聞こえていたのだろう。

国民民主党との話し合いも、その調子でおやりになったらいい。

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。