記事

【ギグワーカー保護法施行でどうなった?】

1/2

最近、東京のあちこちでUber Eatsの大きなリュックを背負って自転車でデリバリーをする人たちを見るようになりました。

こうした単発の仕事を請け負うギグワーカーの権利を保護する法律がカリフォルニアでことし1月1日に導入されました。これを迂回するための方策が始まっています。企業の側だけでなく、労働者の側も、です。

[画像をブログで見る]

WSJはUber Tests Feature Allowing Some California Drivers to Set Fares Move gives drivers more control in response to state’s gig-economy law(カリフォルニア州のギグエコノミー法を受けて、ウーバーは一部の運転手に運賃決定を委ねる)の中で、配車大手ウーバーが、カリフォルニア州がことしギグワーカー保護法を施行したことを受けて、先月21日から州内のサンタバーバラ、パームスプリングス、サクラメントの空港発の乗客に対して、運転手がウーバー社の設定料金よりも独自に最大5倍まで高く設定できる新たな仕組みを導入したと報じています。

ウーバーは、初期の実証実験であり、運転手に裁量権を与えることが目的だと説明しているそうです。

カリフォルニア州のAB5と呼ばれる“ギグワーカー保護法”は、企業に対して、働く人を独立事業主/請負業者(independent contractors)ではなく従業員(employee)として扱い、単発の仕事を請け負うギグワーカーに最低賃金や社会保障、有給休暇を与えるよう求めています。

法律では▼企業が仕事の実績をコントロールし、▼仕事内容が企業の通常業務の範疇の場合は「従業員」として分類するよう義務づけています。

これに対してウーバーは、自分たちはあくまでもアプリを提供するプラットフォーマーであり、運転手と利用者を結びつけているにすぎず、運輸業者ではないと反発。

今回の料金設定方法の変更は、運転手が裁量権を持って独立した事業者だということを主張するための隠れ蓑だと報じています。

ウーバーの運転手はこれまで、利用者が車に乗り込まないと行き先がわかりませんでしたが、カリフォルニア州では運転手に伝えることで運転手側が利用者を選べるようにしたとしています。

具体的には運転手が10%単位で運賃を引き上げることができ、最大で5倍に。利用者がアプリで車を呼ぶと、ウーバーが機械的にもっとも安い運賃を設定した運転手と結びつけます。さらに利用者が増えれば徐々に運賃を高く設定した運転手にもつながるとしています。

確かに運転手の裁量権は高まります。しかし、運賃を高く設定し過ぎると利用者を獲得できなくなり、結果的にライド数が減る可能性があり、乗客を獲得するために過当競争になるうえ、利用者から見ると支払い価格が上がると解説しています。

さらに、ライバルのリフトが制度を変更していないため、顧客を奪われる可能性もあります。レイティングで評価が高い運転手ほど運賃を上げるという市場経済のメカニズムと異なるという指摘もあるとしています。

あわせて読みたい

「カリフォルニア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。