記事

政治はプロレスから総合格闘技へ変わるべきだ

最近批判が喧しいのが野党の姿勢。

IRや桜,最近は新型コロナウイルスと,政権についてその時々の話題で批判を強めるが本質的な議論はしないその姿勢に多くの国民が疑問を持ち始めている。

私もその1人。無所属の席から与野党の議論を注視し続けていると,正直これが国権の最高機関での議論か,と首を傾げたくなるときが多々あった。また,議論だけでなく本会議中のヤジもそう。自民党からの夫婦別姓を巡るヤジが注目を浴びた。そのヤジもはしたなかったが,野党席からよく聞かれる「エーッ」の合唱には,ここは小学校か?と言いたくなるときもある。

ある知人が,安倍総理が桜を見る会に関してボロを小出しにしているのはわざとやっているのではないか,と言っていた。野党が喜んで追及するのを国民がまたかと冷ややかな眼でみて,やっぱり野党には政権を任せられないな,と感じさせるための策略ではないのか,との意見だ。

アイロニカルではあるが,案外真実をついているのかもしれない。モリカケを通して安倍首相がコツを掴んだ感さえある。

そこで思い起こしたのがプロレス。何かの記事でパフォーマンス優先の国会の有り様をプロレスに例えていたが,まさにその通り。野党の有力政治家が,新聞に〇×のような書き込みをして貼り出して批判を浴びたが,これなどまさに場外乱闘の様相を呈している。

かくいう私もその昔は猪木信者。ストロングプロレスは真剣勝負と信じて疑わなかったが,総合格闘技の試合をみて,真剣勝負はこんなに地味で,技やパンチも容易には入らないものだということを知りまさに目から鱗が落ちた。それでも技量の差は如実に出るもので,その真剣勝負の迫力に魅せられて,プロレスはほとんど見なくなった。

そろそろ政治も,観客受けするプロレスのような派手な応酬から,地味ながら大切な議論を積み重ねる総合格闘技のような議論や提案の場に変えていかないか?少し立てば,観客=国民もその真剣な議論に魅せられ,投票率は上がるだろうし,パフォーマンスだけの政党や議員は自ずと少数派に転じていくだろう。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  6. 6

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  9. 9

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

  10. 10

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。