記事

イッテQ「祭り企画」が復活! 宮川大輔がケーキ投げた

1/2
FOXニュースで流された宮川の「祭り」参加シーン

ハッピ姿でケーキを投げる宮川大輔(FOXニュースより)

2015年、ドイツのゴミ箱祭りに参加した宮川大輔(DPA=時事)

ケーキを運ぶ!(FOXニュースより)

スピーディーに運ぶ!(FOXニュースより)

 多くの『イッテQ!』ファンが待ち望んでいた「祭り企画」の“復活”が決まった。既に収録は済んでおり、早ければ2月中に放送されるという。

【写真】ハッピ姿でケーキを投げる宮川大輔

 晴れわたった空の下、青い法被にねじりハチマキ、白い足袋をはいた男性が、テレビ局のインタビューに答えている。カメラに真剣な表情を向けるのは、宮川大輔(47才)。ただ、これは日本のメディアではない。アメリカのあるテレビ局のニュース番組だ。

 法被姿の宮川といえば、思い出すのが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」。世界各地の祭りに参加する様子が評判を呼んだ“お祭り男”は、テレビ画面から消えて久しい。

 原因は2018年11月に『週刊文春』が報じた「祭り企画のやらせ疑惑」に端を発する。現地の祭りとして紹介された「ラオスの橋祭り」や「タイのカリフラワー祭り」が、実際には存在せず、番組サイドが作り上げた“やらせ”だと、住民の証言などをもとに報じたのだ。

「日テレは “現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したものではない”と、テレビ局としてやらせには関与していないとの態度を取りつつも、祭り企画の休止を早々に決定しました」(テレビ局関係者)

 この報道と一連の対応で、視聴率は低下。それまで日曜夜8時は『イッテQ』の独壇場だったが、報道から約3か月後の2019年2月には、裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に視聴率トップの座を明け渡してしまったのだ。

あわせて読みたい

「世界の果てまでイッテQ!」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    流行語とヒット商品「やっぱり」

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。