記事

「韓国で“女子力”という言葉はあり得ない」 文学で考える日韓フェミニズムの相違点 − ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』合評会

1/2

2016年に韓国で発刊されると100万部を突破、日本でも翻訳版がヒットを記録した、チョ・ナムジュのベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房、訳・斎藤真理子)。

1982年に生まれた韓国の女性、キム・ジヨンの人生を描いた同作は、男性社会のなかで生きる女性の苦悩や困難をあぶり出し、波紋を呼んだ。

今回、「フェミニズム小説」とも称される同作を読んだ日本と韓国の20〜30代の男女5人に集まってもらい、日韓の現代社会で生きる女性、男性のあり方について語ってもらった。

『82年生まれ、キム・ジヨン』(以下『キム・ジヨン』)あらすじ

ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのような奇妙なふるまいを見せはじめたキム・ジヨン。

彼女の誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…と人生を克明に振り返るなかで、浮かび上がったのは韓国の男性社会に生きる女性に立ちはだかる困難や差別だった。
合評会参加者(一部仮名)

ジヒョン:90年生まれ。韓国人女性。
ペンス:85年生まれ。韓国人男性。
K.J:88年生まれ。韓国人男性。
りんこ:95年生まれ。日本人女性。
JIN:86年生まれ。韓国人男性。

「文学として面白みはない。なぜなら、描いているのは身近にあふれている女性たちの姿だったから」

GettyImages

−−まずは『キム・ジヨン』を読んだ感想を教えてください

ジヒョン:読む前は「フェミニズム本」という印象が強かったのですが、韓国社会で生きている女性であればあり得る普通の話が書かれていて印象深かったです。

ペンス:世代が近いので、描写されている光景に共感しました。一方、主人公が女性なので、同じ時代の同じ風景のなかで生きていても、感じていることは違ったんだなと思いました。

フェミニズムへの関心は高くはありませんでしたが、2016年の「江南駅通り魔事件」(※)を機に、フェミニズム系の書籍を読むようになりました。

(※)韓国・江南駅近くの商業ビルで当時23歳の女性が、見知らぬ男の凶器によって命を奪われた事件。逮捕された男が警察官に「社会生活で女性に無視された」と語ったことが、韓国社会に衝撃を与えた。

K.J:最初は正直ピンとこない部分もありました。性別の差もありますし、こういうことは現実にあるの? という疑問もありましたが、じっくり考えてみると、確かに起こりうるかもしれないと考え直しました。

りんこ:もともとフェミニズムの言説や、韓国と日本におけるフェミニズムの違いなどにも関心がありました。

『キム・ジヨン』は、主人公に共感するし、1人の普通の女性を社会的に意味付けて描いてはいますが、文学として面白みはありませんでした。なぜなら、この本で描かれているのは、SNSや私たちの身近にあふれている女性たちの姿だったからです。だからこそ、この本が話題になってしまうこと自体の問題性を問いたいと思いました。

JIN:日本で10年過ごしています。同じくとても共感しました。同年代だとあり得る話だと思いますが、なぜこれが「フェミニズムの印(※)」のように話題になったのかが理解できませんでした。

(※)18年、韓国アイドルグループの女性メンバーが本書を読んだと発言したところ、一部の男性ファンが「フェミニスト宣言をした」と反発の声をあげた。

日本ではフェミニズムがあまり話題にならない不思議

GettyImages

−−共感できたという声が多い一方、「最初はピンとこなかった」「自分の反省につながった」という意見もあります。「ごく普通の女性を描いている」という感想も多いですが、『キム・ジヨン』で描かれている女性像は、国や文化の違いに関わらないものでしょうか

りんこ:女性だからこそ抱える問題は社会のなかに依然として横たわっています。『キム・ジヨン』ではそれが可視化されているという点で、日韓の違いに違和感を持つことはありませんでした。

JIN:日本ではフェミニズムに関する事柄が、あまりブームにならないという点は違いかなと思います。水面下で議論されているかもしれないが、極端に数が少ない。

「#Me Too」運動は日本ではあまり浸透しませんでしたが、韓国では発祥地のアメリカ以上に大きなムーブメントになりました。

りんこ:私もその差は感じます。東京医大の入試不正問題が発覚したときの反応の小ささは『キム・ジヨン』の解説でも指摘(※)されていますよね。

(※)本書の解説でフリーランス・ライターの伊東順子氏は、東京医大の入試で男子学生だけに一律加点したことが明らかになった事件に関し、「日本の女性たちの多くが足元が崩れ落ちるようなショックを受けた。怒りと情けなさのなかで思ったのは、韓国なら即時に二万人の集会が開かれているだろうということだ」と指摘した。

韓国で#Me Too運動は「もうひとつの民主化運動」と言われることもあり、欧米の運動とは違う文脈があると思います。1991年に金学順(キムハクスン)氏が「私は慰安婦だった。日本軍に性奴隷にされた」とそれまで「男のロマン」として語られた戦場の性や「慰安婦」を初めて「性暴力被害」だと言葉にしました。あれこそが韓国の#Me Too運動の原点だと。そこから進まない部分もありますが、韓国特有のフェミニズムの蓄積があったのではないでしょうか。だからこそ、#Me Too運動も盛り上がりを見せ、『キム・ジヨン』がベストセラーになったのではないかと思います。

「女子力」という言葉を韓国で使ったらめちゃくちゃ怒られる

ペンス:日本語を学んだときに「女子力」という単語がテキストにありました。周囲に言葉の意味を聞いてとても驚きました。「え、これって韓国で使ったらめちゃくちゃ怒られるよ」って。

JIN:絶対怒られますね。

ペンス:男性はもちろん、女性たちもこれを内面化して使っていることに違和感があります。喜んで使っているのか、使わざるを得ない空気があるのかはわかりませんが。

りんこ:日常化しているから、違和感も持たないし、女性も「女子力」を褒め言葉として捉えている側面はあると思います。

ペンス:日本では“和”を重要視しすぎではないのかと。民主主義の良い点はいろんなマイノリティの意見を聞いて、合意点を探していくという点。しかし、和の重視にはマジョリティが盤石になればいいという側面もあります。

K.J:日本は法律的、体制的な民主主義は整っていると思いますが、文化的なところで成熟していないと感じることがあります。

韓国でフェミニズムに反発しているのは若い世代?

GettyImages

−−「フェミニズム」「フェミニスト」という言葉を使うこと自体が、極端な意見を言っていると捉えられてしまう雰囲気が一部にはあると思いますが、韓国では違いますか

ペンス:韓国は#Me Too運動が盛り上がる一方、男性と女性の対立が激しくなっている部分はあります。韓国で『キム・ジヨン』を読んでいると、「変な考えを持っている」と判断される状況はまだまだ多いと思います。

K.J:韓国で反発しているのは、若い世代が多いという印象ですね。「差別はほぼなくなった」という認識を持っている人が多く、「今でもまだ平等な社会になってない」という意見に反発しています。

ペンス:韓国の若者のなかでは逆に男性が差別されていると感じている人も多いですね。

−−韓国では2年の兵役が18歳の男性に課されますが、それも男性社会と女性社会を分けている要因のひとつではないでしょうか

ペンス:すごく分けています。

K.J:兵役という義務を果たしているからこそ発言権があるという雰囲気はあります。(病気などで軍隊に)行かなかった人に話を聞くと、軍隊経験による差別が見えないところで残っているといいます。

ジヒョン:確かに男性は誇りを持っているかもしれない。入った時期で先輩・後輩の関係が生まれて、それを大事にしていますよね。

K.J:兵役の話に関しては、男女平等に反発する男性が「女性も軍隊に入るべきだ」と主張することは多いです。

−−逆に女性側から「なんで私たちは入れないの?」という声はありますか

ジヒョン:それはないですね。

りんこ:アメリカなど一部の女性団体が選挙権などの地続きで、兵役も認めざるを得ないだろうと主張することはあります。でも、フェミニズムとはそういうものではなくて、現存する搾取を前提とした社会構造を解体していこうという考え方でもあるんです。

それを表面的に「男女の問題」とだけ捉えてしまうとフェミニズムの本質とは全然違う議論になり、誹謗中傷だけの世界になってしまいます。

【関連記事】日本にフェミニズムは浸透したのか - 小松原織香

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。