記事

「人間としてどうなのか」「嘘つき」…予算委員会が“桜を見る会”質問でヒートアップ

4/4

委員長:黒岩宇洋くん。

黒岩:取り決めを行わなかったということは、いざリスク負担が生じた場合には安倍晋三後援会が負担する可能性もあったということですね。

委員長:内閣総理大臣・安倍晋三くん。

安倍:今、私の答弁を聞いていただければ普通の方はご理解いただけるんだろうと思いますが、それはですねホテル側が、いわば私どもとの関係においては、ホテル側の判断で取り決めを行わなかったということでございます。

委員長:黒岩宇洋くん。

黒岩:総理、そこがおかしいんですよ。このリスク負担というのは規約を見ても当然契約主体との間でリスク負担をするわけですよ。で、安倍事務所の信用でリスク負担はじゃあいいか、と。私ね、当然安倍事務所が契約の主体だと当然思ってますからね。だとすればホテルが、いやいや長年の付き合いだから、ここは安倍さんのところだから、昨日の答弁でも言っていますよね。自分のところだったらすぐに支払う。そういったことにホテルも信用という形でリスクについては規約の通りということだと思いますけども、あくまでも総理、契約主体は一人一人の参加者って言っているんでしょ。

この人たちにそんな信用があるとはホテルは考えていないわけですから。だから本来は、だったら、信用のある参加者にリスク負担を、これ事前にですね、いざ発生したかしないかっていうのは結果論ですし、そして発生するかどうかということは推測論ですから、いざという時のために事前契約でリスク負担を決める、これは当たり前の商取引ですよ。規約にも書いてある。だから、ホテルからすれば、これはいざという時には誰だと。参加者個人個人にリスク負担を負わせる。こういった理解でよろしいでしょうか。

委員長:内閣総理大臣・安倍晋三くん。

安倍:今、規約に書いてあるっておっしゃったけど、ニューオータニの規約に書いてあるんですか(席に戻る)。

黒岩:(ダメダメダメダメ、なになになに…)

委員長:内閣総理大臣・安倍晋三くん。

安倍:今、根拠のないことをおっしゃったことが明らかになりましたね。別にこれはニューオータニの規約にあるわけではないですよ、そんなことが。根拠がないのにですね、おっしゃる。それはまた久兵衛の寿司と同じじゃないですか。で、いわば、まるで、だからそれは根拠がないことをおっしゃるって嘘をついていることと同じですよ、これは。はっきりと申し上げて。はっきりと申し上げてね。

今の黒岩議員のご質問の中においてですね、規約に書いてあると。規約に書いてあるということにお答えすることはできないということは、そういうことなんじゃないですか。そして、今、これはホテル側との関係においては、その際すでに事前のアンケート調査により、概ねの出席者数は判明していることからですね、最初に答弁で説明していますよね。聞いていなかったんですか。出席者数は判明していることから、ホテル側の了解のもと、取り消し料等の取り決めは特段行わなかった、こういうことでございます。これに尽きるところでございます。

共同通信社

委員長:黒岩宇洋くん。

黒岩:逆に言うとね、総理、なに人を嘘つき呼ばわりしているんですか。ここに規約ありますよ。ホテルニューオータニ東京の。そこの規約の第二項に有料人数の確認と。「料理等を用意する人数の最終決定数は、宴会・催事開催日前の最終平日の午前中までにホテル担当係にご連絡ください。上記期限を過ぎて出席者が減少した場合でも、すべて手配が完了しておりますので、最終決定数にてご請求させていただきます」と書いてあるわけですよ。

これ、一人でも、二人でも事前予約、予約したのは安倍事務所だと言っている。一人でも二人でもこれが欠席が出た時でも、それは今言ったように最終決定数で請求させるわけだから、この差額については誰かが負担しますと。で、会場が取り消しとかなった場合にうんぬんかんぬん…8割負担とか100%負担とか書いてありますよ。この当たり前の規約に私はこれに沿って質問しているだけです。規約も読んだことをないみたいなことをおっしゃっていただきたくない。取り消してください。

委員長:ご静粛にまずお願いいたします。内閣総理大臣・安倍晋三くん。

安倍:私が申し上げたのはですね、つまりは私は仲介をしたわけでありまして、契約の主体は参加者でありますから、当然参加者との契約になるわけです。それを前提に申し上げているわけでありまして、そのケースにおいての規約があるのかどうかと申し上げたわけでございます。

私が契約主体であれば、今私はそれを確認していませんからわかりませんが、今読み上げられた通りかもしれませんが、契約主体が違うんですからそれは違うということでございます。その上において申し上げれば、先ほど来申し上げているようにアンケートについて、アンケートをとった上でこれはホテル側が了解したわけでございますから、ホテル側の了解において出されたということでございます。

委員長:黒岩宇洋くん。

黒岩:私が今申し上げたのは、「嘘つき」と言ったその総理の発言を撤回していただきたい。

委員長:内閣総理大臣・安倍晋三くん。

安倍:久兵衛については嘘つきだと思います。これははっきりしています。

黒岩:(規約については!)

安倍:規約についてはですね、私は規約について確認はできませんのでお答えをすることはできませんが…

黒岩:(撤回してください)

安倍:もしそれが事実であれば撤回をさせていただきたい。ただ、久兵衛についてですね、おっしゃったことについては、それは嘘をついているということは重ねて申し上げたい、このように思います。

委員長:まず皆さま、恐縮ですがご静粛にお願いいたします。黒岩宇洋くん。

黒岩:今ね、何度も何度もお寿司屋さんの名前を出しますが、私が申し上げたそのお寿司屋が提供したと一言も断言していないことは、私は言っておきます。それと、そのお寿司屋さんが出したかどうかについては、明細書を見れば明らかになるんです。それが事実かどうか。それを事実にできるのは総理、あなたですよ。それをしっかりと明らかにしていただきたいと思います。

で、これはね、もう時間の都合がありますんで、今ね、やっぱり驚くべきことなんですよ。契約主体が参加者個人個人だと言った。そしてこの規約上もですね、総理が言ったように自分は契約していないと。本来は契約している主体が参加者個人個人だったら、今言ったようにいざキャンセルが出た場合、これは会場費においても料理代についても、これは規約で負担を負ってもらうと書いてある。

その取り決めがない、そんな契約主体ありえないですよ。これはまさに参加者個人個人が契約主体ではないということの裏返しですから。この点については、契約主体ではないということは、この点もしっかりと説明責任を果たしてもらいたい、ということを指摘して私の質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  3. 3

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  7. 7

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  8. 8

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

  9. 9

    植松死刑囚が風俗嬢に残した言葉

    篠田博之

  10. 10

    電通再委託 談合まがいの疑いも

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。