記事

串カツ田中の「東京の世田谷から攻めていく」が大正解だった訳

1/2

大阪風の串カツ専門店が、関東地方で増えている。大阪名物の串カツが関東で受け入れられたのはなぜか。ライターの石田哲大氏は「串カツ田中の影響が大きい。東京・世田谷という住宅地から出店を始め、女性や家族連れが入りやすい雰囲気にすることで、客層を広げた」という――。

写真=PRESIDENT Online編集部

2008年の1号店は「世田谷駅近く」だった

トレンドが目まぐるしく入れ替わるのが、外食業界の常だが、一方で流行の段階を経て市場にしっかり根づくものもある。近年でいえば、関東圏における「大阪スタイルの串カツ」は市場に定着した事例だろう。その立役者は「串カツ田中」だ。

串カツ田中が東急世田谷線の世田谷駅近く(住所は東京都世田谷区世田谷)に直営店1号店を出店した2008年当時は、「大阪スタイルの串カツ」といってもピンとくる向きは少なく、記事を書くときには「大阪では一般的なソースの2度づけが禁止の……」などと、くどくど説明したものだ。それがいまでは大半の人はイメージがすぐにわくはずだ。仮にわからなくても、串カツ田中の名前を出せば「あぁ、あれね!」となるだろう。

それでは、なぜ大阪スタイルの串カツが首都圏で流行し、深く根を下ろすことができたのか。その疑問を解く前に、大阪スタイルの串カツがはやる前から存在していた「東京風の串カツ」にも触れておきたい。

東京の串カツには2つの系統があった

東京で食べられている串カツは、筆者の見立てでは大きく2系統に分類できる。ひとつは、大衆的な酒場や食堂、とんかつ店で提供している豚肉とタマネギを串打ちし、パン粉をまぶして揚げたスタイル。ソースをべっとりつけてほお張り、ビールやレモンサワーで流し込むイメージだ。

もう1系統は、「串揚げ」と呼ぶほうが一般的かもしれない。豚肉だけでなく、魚介や野菜を一口サイズにカットし、串にさして揚げたもので、ずっと上品なイメージだ。客単価が1万円を超えるような高級店もある。

いずれにしても、串カツと呼ばれる食べものはもともと東京に存在していたのだが、そこに殴り込みをかけたのが大阪スタイルだったわけだ。

「串カツ田中」と「串かつ でんがな」が登場

実はチェーンが出店する以前にも東京には大阪スタイルの串カツ店が存在していた。代表的なのが東京・北千住に店を構える「天七」である。現在もオープンと同時にお客でごった返す人気店だ。同店の店主は大阪の串カツ店で修業し、1975年に開業したという。とはいえ、その存在は「知る人ぞ知る」というレベルで、関東圏に住む大多数の人にとって大阪スタイルの串カツは未知の食べものであった。

そこに目をつけたのが、ノート(現・串カツ田中)とフォーシーズの2社だ。前者は前述のとおり、2008年12月に東京・世田谷に串カツ田中の1号店を出店。屋号の「田中」は大阪出身で串カツに対する思い入れが強く、業態の開発を担当した同社取締役の姓から取っている。

一方で後者は、宅配ピザ「ピザーラ」や高級フランス料理店「ジョエル・ロブション」などを展開する外食企業。大衆向けの業態を開発するにあたって大阪出身の取締役が音頭を取り、2008年4月に「串かつ でんがな」の1号店を東京・渋谷にオープンした。2020年1月現在で「田中」が276店、「でんがな」が84店を出店している(各社HPより)。

「大阪名物」になったのは2000年代になってから

なお、大阪における串カツの歴史については、新世界にある「串かつだるま」で発祥したというのが定説のようだ。菊地武顕著『あのメニューが生まれた店』(平凡社)によると、もともと串カツは肉体労働者の食べもので、現在のようにたくさんのメニューがあったわけではない。牛カツだけを提供していて、大阪でも今ほどメジャーな存在ではなかった。

それが、「大阪名物」とまでいわれるようになったのは、意外にも2000年代に入ってからだ。串かつだるまが閉店を余儀なくされそうになったとき、元プロボクサーで俳優の赤井英和氏が尽力して現在の店主にあとを継がせ、自身も串カツの魅力をテレビなどで喧伝した。こうして串カツ人気が高まり、それまで新世界にしかなかった串カツ専門店が大阪のほかのエリアにも広がっていったということだ。

カリッとした食感も、「2度づけ禁止」も新鮮だった

この大阪スタイルの串カツが東京で受けた要因は、商品の目新しさと営業スタイルの両面から分析することができる。

まず、商品としての大阪スタイルの串カツは、前述の東京風の串カツとは似て非なるものである。東京ではほかの揚げものと同様に小麦粉をまぶしてから卵液にくぐらせ、パン粉をまぶして揚げるのが普通だ。一方、大阪のそれは卵、小麦粉、そしてヤマイモなどを合わせて仕込んだバッター液(衣)とごく細かくひいたパン粉を使用する。これによって、独特のカリッとした食感を生み出し、揚げものであるにもかかわらず、スナック感覚で気軽に何本でも食べられてしまう。

バラエティー豊かな具材も関東圏の人にとっては新鮮だった。定番商品の牛カツはそもそも関東ではなじみが薄かったし、ミニトマト、紅ショウガ、もち、チーズといった大阪らしいジャンクなメニューもものめずらしく映ったに違いない。サイドメニューにも関東では認知度が低い「どてやき」「肉すい」といった商品が並んでいた。

加えて関東人の心をとらえたのは、「2度づけ禁止」に代表される独自のルールや食べ方だ。串カツ専門店では卓上にソースが用意され、お客は運ばれてきたアツアツの串カツをこのソースにドボンとつけてほお張る。このソースは使いまわすので、一度口をつけた串カツを再投入してはいけない。キャベツはたいていお替わりが無料で、「ソースを追加でかけたいときには、このキャベツをさじ代わりに使うんだ」なんていうウンチクを語る人をよく目にした。

あわせて読みたい

「串カツ田中」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  7. 7

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

  8. 8

    韓国に完敗した日本のエンタメ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  10. 10

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。