記事

海自自衛艦 懸念の中、中東へ出航

昨日2日、中東海域へ派遣される海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」(約200人)が、海自横須賀基地(神奈川県)から現地へ出航しました。

安倍首相は、派遣隊員などを前に「日本関係船舶の安全を確保することは政府の重要な責務であり、そのために必要な情報収集を担う任務は、国民の生活に直結する極めて大きな意義を有する」と激励しました。

国会承認が不要な防衛省設置法の「調査・研究」に基づき、1年単位の長期で部隊を海外に派遣する初めてのケースになります。

護衛艦は、今月下旬、現場海域に到着する予定で、1月から任務に就いたP3C哨戒機と本格的な活動を始めます。

今回の活動範囲は、オマーン湾、アラビア海北部、バブルマンデブ海峡東側のアデン湾の3海域の公海で、ホルムズ海峡やペルシャ湾は含みません。

そうはいっても、今年になって、米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害やイランによる米軍施設への報復が行われるなど情勢は緊迫しています。

政府は、情勢が悪化すれば海上警備行動(自衛隊法82条)の発令を決めていますが、発令後、武器使用が許されるのは日本船舶の船を守る時だけで、外国船舶にできるのは大音量の装置を使った警告程度になります。

海自幹部は「手探り感は否定できない」としています。米国から求められた有志連合参加と、関係のよいイランへの配慮から、国会承認がないまま、中途半端な形で現場の送られる自衛隊員は、どのように感じているのでしょうか。

今回は、脅威の対象が海賊のように明確に定まっていず、国の軍隊や国に準ずる組織から攻撃を受ける可能性もある、といわれています。

「法律と人員の限界ぎりぎりのところで、少し無理して設計した印象がある」と防衛省内の検討に関わった幹部自衛官は語っている、と報じられています。

自衛隊員に犠牲が出ないことを祈りつつ、国会承認を経た、無理のない形での国際貢献にすべきだと思っています。

あわせて読みたい

「海上自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  3. 3

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  4. 4

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  5. 5

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  10. 10

    トランプ退場で強行? イラン暗殺

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。