記事

「無料とはいえやり過ぎ」の声……飯島直子、松屋の紅ショウガ10袋持ち帰りで“プチ炎上” - 「週刊文春」編集部

 元祖癒やし系・飯島直子(51)の時ならぬ“プチ炎上”。きっかけは1月12日放送の「誰だって波瀾爆笑」(日テレ系)にゲスト出演した際の発言だった。

【画像】飯島直子の写真を全部見る

「最近ハマっていることとして、“松屋の牛めし”の紅ショウガを10袋持ち帰っていることを語るや、『無料とはいえ、やり過ぎ』とネットは大騒ぎ」(放送記者)


飯島直子 ©AFLO

“いやしい系”か否かはさておき、番組への出演は、17日公開の映画「太陽の家」のPRのためだった。

「急性腎盂腎炎で入院していた主演の長渕剛に代わり、飯島が積極的に露出。不器用な夫を支えるしっかり者の女房を演じていることもあり、紅ショウガの話もそのイメージに沿ったリップサービスとも。が、“イイ女”の代表格だった飯島には少々相応しくない“おばちゃん的エピソード”ではあった」(同前)

 飯島は20歳で「11PM」(日テレ系)のカバーガールとしてデビュー。抜群のプロポーションと、バラエティ番組での脱力した喋りで頭角を現したが、単なるセクシー系から脱したのは1994年の缶コーヒー「ジョージア」のCMだった。

「『この幸せ者』と甘えた声と笑顔で語りかける姿に、男性視聴者はメロメロ。気取らず、男を癒やす雰囲気を持つ、新しいタイプの美女として人気は跳ね上がり、女優活動も本格化。97年の『智子と知子』(TBS系)では連ドラ初主演。アルバイト先でのスカウトからトップ女優に上り詰めた、まさにシンデレラガール。飯島のファッションや髪型を真似る“ナオラー”ブームまで作った」(芸能デスク)

離婚、ホスト遊び、夫の“路チュー”報道……波乱含みの私生活

 人気絶頂の97年にTUBEの前田亘輝と結婚。家庭中心の生活にシフトしていたが、4年後に離婚を発表した。

「コンサートで多忙な前田とのすれ違いが原因。離婚後の飯島はホスト遊びなどネガティブな報道が多く、女優業の勢いも落ち気味だったが、2012年に会社経営者と再婚。同年には『最後から二番目の恋』(フジ系)というヒットドラマも出た。ところが昨年11月、夫が舞台女優との“路チュー”現場を女性誌に撮られた。私生活は何かと波乱含みです」(同前)

 最近、かつて一時代を築いた“アラフィフ”女優の活躍が目立つ。

「『スカーレット』(NHK)の富田靖子(50)や『グランメゾン東京』(TBS系)の鈴木京香(51)、『SUITS』(フジ系)の鈴木保奈美(53)など、脇に回っていい味を出す流れがある。飯島も今回の映画を機に、酸いも甘いも噛み分けた“イイ熟女”の新境地を見せられるか」(ドラマ関係者)

 ショウガの辛味もたっぷり加えて。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年1月30日号)

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。