記事

激戦の京都市長選は現職勝利。そもそも共産党と「野党共闘」に無理があるのでは・・・

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

三つ巴の激戦が続いていた京都市長選挙は、現職が手堅く逃げ切り4選。

今回の選挙は現職に自公のみならず立憲・国民らが相乗りし、共産党系の候補者にれいわが乗るという構図が大きな話題となっておりました。

結果、予想通りと申しますか、特に立憲支持層は大半(75%)が推薦候補である現職に投票せず、大きな波紋が広がることになっています。

で、立憲支持者の皆さまが党執行部に怒り狂い、「支持者の声をしっかり聞け!」と声を上げるのは当然だとは思うんですけど、私はそもそも共産党との「野党共闘」に無理があると思うんですよね。やっぱり。

国政でのスタンスに反してまで、立憲・国民の京都支部が現職に相乗りするのは、かつて共産党が主導した京都の「革新府政」へのトラウマがあるからです。

かつての革新京都府政ではインフラ整備などがことごとく進まず、それが現在まで続く足かせになっていると評価されています。

つまりですね、現場の最前線で政治をやっている方々は、共産党が権力を持ったらどうなるかよくわかっているはずなんです。

だからこそ、京都選出の前原誠司代議士は、共産党を「シロアリ」とまで酷評して選挙協力を拒んできました。まったく正しいことだと私は思います。

前原元外相テレビ出演詳報(1)「共産党はシロアリだ。協力をしたら土台が崩れる」
https://www.sankei.com/politics/news/151114/plt1511140016-n1.html

>共産党とはまったく違う。私は京都なので、非常に共産党が強いところで戦ってきた。共産党の本質はよく分かっているつもりだ。シロアリみたいなものだ。ここと協力をしたら土台が崩れる。

にもかかわらず、安倍政権に歯が立たないと見るや、共産党は「普通の政党」などと言って選挙協力してしまう…。

「小選挙区でルールが変わったのだから、野党も1つにまとまらなければ政権交代はできない」

といいますが、かつて政権を取った民主党は共産党と一線を画しながら政権交代に成功したわけで、その「成功例」にこそ学ぶべき部分があるんじゃないかと思います。

いずれにしても、今回の共産党・れいわ新選組が協力タッグを組んだことも含めて、今回の京都市長選の結果は政界に様々な影響を及ぼしそうです。

今回、維新は自主投票として静観することになった点は申し訳ありませんでしたが、選挙構図や目先の利益に左右されず、地に足をつけて党勢拡大に尽力して参ります。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に!ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「野党再編」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。