記事

京都市長選挙 現職・門川大作氏 4選勝利 国・府と連携して住みやすい京都市へ

門川大作・京都市長と(H29.4.9京都国際マンガミュージアムで)

「日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。我が国の伝統精神である「智勇仁」の三徳に基づき、「文武経」の政策を国家国民のために全身全霊で実現します。

2月2日(日)、京都市長選挙の投開票日でした。自民党が応援する現職の門川大作氏が、4選を果たしました。私も、応援に回った甲斐がありました。

京都市選挙管理委員会がまとめた結果は以下です。

投票率 40.71%(前回5.03%増) 20年ぶりに4割超

開票結果

門川 大作(69) 210,640票(45.1%) 無所属・現 自公立国社5党推薦

福山 和人(58) 161,618票(34.6%) 無所属・新 共・れいわ推薦 弁護士

村山 祥栄(41)  94,859票(20.3%) 無所属・新 元京都市議

http://www2.city.kyoto.lg.jp/senkyo/02_sityo/sokuhou.html

●「大切な京都に共産党の市長は『NO』」

投票率が前回より5%上がり、5万票以上が増えました。期日前投票も増えました。勝因は、現職としての知名度を生かし、組織をまとめた結果ではなかったかと思います。

「大切な京都に共産党の市長は『NO』」という広告が話題となり、一部物議を醸しました。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/146571 

結果は、支援組織の引き締めに繋がったのではないかと思います。残念ながら、無党派の支持はそこまで広がりませんでしたが・・・。

京都新聞の出口調査によると、無党派の支持動向は以下です。

無党派 投票者の全体の3割近く

現職・門川大作氏 26・4%

新人・福山和人氏 38・7%

新人・村山祥栄氏 30・6%

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/151168 

 門川大作・京都市長には、明治以来初めて中央省庁である文化庁が移転するわけで、「観光公害」を是正して、健康や福祉、質の高い教育に、国、府と連携して取り組んでほしいと思っています。

あわせて読みたい

「地方選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  4. 4

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  6. 6

    30万円給付に与党からも不満続出

    藤田孝典

  7. 7

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  8. 8

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  9. 9

    緊急事態宣言は安倍政権の大博打

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。