記事

中国人民銀、休場明け3日に1.2兆元供給 新型肺炎拡大の悪影響を緩和


[上海 2日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は2日の声明で、春節休暇明けの3日にリバースレポの公開市場操作を通じて1兆2000億元(1738億ドル)を金融市場に供給すると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大する中、株式市場などへの悪影響に備える措置。声明によると、これにより市場の流動性は昨年の同時期よりも9000億元拡大する。

同中銀の公式データをもとにしたロイターの試算によると、3日は1兆0500億元のリバースレポが満期を迎えるため、ネットで1500億元の供給となる。

春節休暇明け3日の市場取引では値動きの荒い展開が見込まれる。中国株式・外国為替・債券市場は1月24日以降、休場しており、31日に取引を再開するはずだったが、新型肺炎の感染拡大を受けて延期された。

中国証券監督管理委員会(証監会、CSRC)は、2日付の人民日報に掲載されたインタビューで、取引再開がこれ以上延期されることはないとした。さまざまな要因を考慮して決定したとし、感染拡大による市場の影響は短期的との見方を示した。

また感染拡大で影響を受けた企業を支援するため、株式質権設定契約が満了する企業に期間延長の申請を認めるほか、社債投資家に償還期限の延長を促す方針を示した。

さらにパニック的な動きを緩和するため、A株市場向けにヘッジツールの導入を検討しているほか、先物市場の夕方の取引を3日から停止する。

新型肺炎ではこれまでに305人の死亡が確認されており、1人を除き全員が中国国内での被害者。中国当局は感染拡大による国内企業の打撃を緩和するため、様々な金融政策を動員して市場に流動性を供給するとしていた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。