記事

「桜を見る会批判」「新型コロナウイルス対策」「改憲論議」の関係性

■政治家が喫緊の課題とするべき問題は何か?


 「政治家が喫緊の課題とするべき問題は何か?」と問われると、現状はどう考えても「新型コロナウイルス対策」だと思えるのだが、どうやら、この国の政治家達には意見が異なる人がいるらしい。
 彼らを観ていると、まるで「新型コロナウイルス対策」よりも「桜を見る会批判」の方が重要だと言わんばかりだ。

 左派と右派の基本的な考え方は以下の通り。

 ○左派
  改憲論議 < 新型コロナウイルス対策 < 桜を見る会批判

 ○右派
  桜を見る会批判 < 改憲論議 < 新型コロナウイルス対策

 新型コロナウイルスに対して過剰なまでにヒステリーになるのも問題かもしれないが、桜を見る会に対して、いつまでもヒステリックになるのはもっと始末が悪い。桜を見る会は既に終わったことであり、来年は行わないことになったわけだから、これ以上、無駄金を使用するということもなくなり、国民にとってはもはや無害である。

 しかし、新型コロナウイルスは、現在ただいまの問題であり、今すぐにでも水際対策を講じなければ、多くの国民に被害が及ぶことになる。
 今は取り敢えず、桜を見る会などは放っておいてもなんの問題もない。もしそれでも問題だと言うのであれば、新型コロナウイルス問題が収束してから行えばいいだけの話である。

■国民の命と憲法のどちらが重要なのか?


 今回の新型コロナウイルス対策が後手に回ってしまったのは、憲法のせいだという意見もある。他国のように直ぐさま水際対策を講じることができるようにするためには、憲法に「緊急事態条項」を新設して憲法を変えなければいけないという意見がある。
 これももっともな話だと思えるが、護憲派は否定している。彼らにとっては、新型コロナウイルスで国民が大勢肺炎になり死亡することよりも、憲法を変えないことの方が重要だと言わんばかりだ。

 「国民の命と憲法のどちらが重要なのか?」と問えば、あなたはどちらが重要だと思うだろうか?

 「国民の命」と言う人がほとんどだと思う。

 現在の憲法が良いか悪いかに拘らず、憲法というものが国民の命(生活)を護るためにあることを否定する人はいないだろう。
 護憲派が「改憲すると戦争になる」というのも、改憲派が「憲法を変えなければ占領される」というのも、国民の命(生活)を護るということを前提とした台詞であるはずだ。

 ならば、なぜ左派(護憲派)は、国民の命よりも憲法の方が重要だというような矛盾した言動をとっているのか? まず、その問いにこそ答える必要がある。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  6. 6

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  7. 7

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  10. 10

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。