記事

「桜を見る会批判」「新型コロナウイルス対策」「改憲論議」の関係性

■政治家が喫緊の課題とするべき問題は何か?


 「政治家が喫緊の課題とするべき問題は何か?」と問われると、現状はどう考えても「新型コロナウイルス対策」だと思えるのだが、どうやら、この国の政治家達には意見が異なる人がいるらしい。
 彼らを観ていると、まるで「新型コロナウイルス対策」よりも「桜を見る会批判」の方が重要だと言わんばかりだ。

 左派と右派の基本的な考え方は以下の通り。

 ○左派
  改憲論議 < 新型コロナウイルス対策 < 桜を見る会批判

 ○右派
  桜を見る会批判 < 改憲論議 < 新型コロナウイルス対策

 新型コロナウイルスに対して過剰なまでにヒステリーになるのも問題かもしれないが、桜を見る会に対して、いつまでもヒステリックになるのはもっと始末が悪い。桜を見る会は既に終わったことであり、来年は行わないことになったわけだから、これ以上、無駄金を使用するということもなくなり、国民にとってはもはや無害である。

 しかし、新型コロナウイルスは、現在ただいまの問題であり、今すぐにでも水際対策を講じなければ、多くの国民に被害が及ぶことになる。
 今は取り敢えず、桜を見る会などは放っておいてもなんの問題もない。もしそれでも問題だと言うのであれば、新型コロナウイルス問題が収束してから行えばいいだけの話である。

■国民の命と憲法のどちらが重要なのか?


 今回の新型コロナウイルス対策が後手に回ってしまったのは、憲法のせいだという意見もある。他国のように直ぐさま水際対策を講じることができるようにするためには、憲法に「緊急事態条項」を新設して憲法を変えなければいけないという意見がある。
 これももっともな話だと思えるが、護憲派は否定している。彼らにとっては、新型コロナウイルスで国民が大勢肺炎になり死亡することよりも、憲法を変えないことの方が重要だと言わんばかりだ。

 「国民の命と憲法のどちらが重要なのか?」と問えば、あなたはどちらが重要だと思うだろうか?

 「国民の命」と言う人がほとんどだと思う。

 現在の憲法が良いか悪いかに拘らず、憲法というものが国民の命(生活)を護るためにあることを否定する人はいないだろう。
 護憲派が「改憲すると戦争になる」というのも、改憲派が「憲法を変えなければ占領される」というのも、国民の命(生活)を護るということを前提とした台詞であるはずだ。

 ならば、なぜ左派(護憲派)は、国民の命よりも憲法の方が重要だというような矛盾した言動をとっているのか? まず、その問いにこそ答える必要がある。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  6. 6

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    柄本時生結婚 妊娠には触れるな

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。