記事

武漢市のトップが対応の遅れを謝罪 新型コロナウイルスは「敵が見えない戦争だ」


 新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、中国・武漢市のトップは1日、「早く厳格な措置を取っていればよかった」と述べ、初動の遅れを認めた。

【映像】武漢市のトップが初動の遅れ謝罪「敵が見えない戦争だ」

 武漢市トップの馬国強書記はテレビに出演し、「今は自責の念に駆られている」と謝罪した。その上で「早めに厳格な管理措置を取っていれば結果は今より良かった」として、初動の遅れが事態の悪化を招いたとの認識を示した。

 さらに、初動が早かったら「党中央と国務院に心配をかけずに済んだ」と述べ、新型コロナウイルスへの対応については「敵が見えない戦争だ」と表現した。(AbemaTV/『AbemaNEWS』)

【映像】武漢市のトップ「敵が見えない戦争だ」

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。