記事

感染者1万人超の新型肺炎 英国も混乱「中国籍の妻は帰国できない」――5600万人隔離の効果はあったのか ついにWHOが緊急事態宣言 - 木村 正人

1/2

[ロンドン発]新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心に世界的に広がり、2月1日、中国の国家衛生健康委員会の発表では感染者が1万1000人を超え、死者が中国で259人も出ている問題で、世界保健機関(WHO)は1月30日、スイス・ジュネーブにある本部で3回目の緊急委員会を開き、緊急事態を宣言した。

【画像】ブリティッシュ・エアウェイズは中国との直行便を休止

「大流行をコントロールする中国の能力」を評価

 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は新型コロナウイルスの感染拡大について「前例のない大流行」と危機感を表し、「恐怖ではなく事実の時、ウワサではなく科学を信じる時、烙印を押すのではなく連帯する時だ」と国際協力を呼びかけた。

 感染拡大の防止に全力で取り組む中国について「もし並外れた対策が取られていなかったら、国外でもっと感染が拡大し、おそらく死者が出ていただろう。大流行をコントロールする中国の能力に信任を置いている」と評価した。


WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長 ©AP/AFLO

 テドロス事務局長は、中国が大流行を探知し、新型コロナウイルスを分離、ゲノムを配列決定してWHOと共有したスピードに言及した上で、「最前線で休む暇もなく治療に当たっている何千人もの勇敢な医療専門家や看護師に心から敬意を表したい」と称賛した。

 習近平国家主席は中国の威信をかけ、肺炎が発生した湖北省武漢市を事実上「閉鎖」して、突貫工事で新型コロナウイルスの感染者を隔離する病院を建設するなど感染拡大の防止に取り組んでいる。

 しかし中国のソーシャルメディアでは、限界に達した女性医療従事者が「もう、これ以上できない」と泣き叫ぶ動画が拡散している。自宅から出ないようアドバイスされた武漢市の市民が窓から大声で励まし合ったり、士気を高めるため歌ったりする様子を撮影した動画もある。

 WHOが緊急事態を宣言したのは中国以外で感染が拡大しているためで、テドロス事務局長は「医療システムが中国のように強くない国で感染が拡大するのを懸念している。われわれは力を合わせてこうした国々での感染拡大の防止に努めなければならない」と強調した。

数千万人を“集団隔離” 極端な拡大防止策の効果は

 習主席は武漢市、隣接する黄岡市などへの交通を遮断し、数千万人を“集団隔離”するという極端な拡大防止策をとった。公衆衛生の専門家はこうした方法が公衆衛生対策に役立つかどうか疑問視している。輸送を停止すると医薬品が不足し、患者が診断を受けるのが難しくなるからだ。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)の報告はテドロス事務局長の説明と大きく食い違っている。

 HRWは「当初、感染例を過少報告、重症度を軽視し、人から人への感染の可能性を却下したため、中国当局の対応は遅れた。 1月中旬以降、積極的なアプローチを取り、武漢市とその周辺から他地域への感染を制限するとして5600万人を隔離した」と指摘する。

 当局は「ウワサ」を広げたとして感染者が治療を受ける病院の医師ら8人を取り調べ、新型コロナウイルス流行に関するオンライン討論を検閲、メディアの取材や報道を制限したため、住民は医療への適切なアクセスを確保できなかった。

「この地域には問題がない」 追い払われたBBCのジャーナリスト

 HRWの報告によると、医師は「未知の病気」についてソーシャルメディアで警鐘を鳴らそうとしたが、公安から「ウワサ話」を広めるなと誓約書に署名することを求められた。感染者を治療した後、この医師は肺炎の症状で入院し、現在、重篤な状態だという。

 感染者を治療する医療関係者はメディアには話さないよう口止めされている。英BBC放送のジャーナリストは「この地域には問題がない。滞在する必要はない」と公安に追い払われた。

 封鎖された武漢市とその周辺の住民5600万人の多くは医療や生活必需品にアクセスしにくくなったと訴えている。産婦人科の診察を受けるため長距離を歩かなければならなかった妊婦もいる。移動の自由を大幅に制限する“集団隔離”がどの法律に基づいて行われているのか定かではない。

 湖北省以外のホテルでは、武漢市や湖北省からの旅行者や車を拒否する差別的な動きも出てきている。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。