記事

水原希子が考える“誤解” 素をさらけ出しても「受け取り方はその人次第」

1/2

モデル・女優の水原希子が世界を旅するHuluオリジナルドラマ『ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~』(全6話)。第1話の冒頭で、水原は「私ってたまに炎上しちゃったりとか、ネットニュースとかで有ること無いこと書かれたり、いろいろ誤解されてる部分があると思うんですよ」と切り出している。

そうした中で、今回旅に出たのは、素の自分をさらけ出すことによって、誤解を解く狙いもあるのだろうか。本人に話を聞いてみた――。

水原希子 撮影:蔦野裕

■イメージは「多少なりとも変わるんじゃないかな」

「私自身、めちゃくちゃテレビに出ているわけじゃないし、TwitterやInstagramもやってるけど、実際にしゃべったり動いたりしているところを見ないと、その温度感って伝わらないかなと思ってるんです。Twitterで何かをつぶやいても、人によって受け取り方が違うし、文字だけだとやっぱり伝わらないところがある」と、SNSのジレンマを語る水原。

一方で、今回の『ブラを捨て旅に出よう』は、ジャンルとしては“ドラマ”と謳っているものの、台本には筋書きが記されている程度。水原の本能に任せて旅を展開する“ドキュメンタリー”の要素が強く、素の自分をさらけ出している。

撮影では、ほとんど演技することがなかったといい、「今回実際に旅をして、本当に自分をさらけ出すしかないし、隠す部分もありませんでした。特にインドは、いろいろなことを取っ払っていくしかなくて、体当たりで挑んでいるので、本当の私がどういう人なのかっていうのは、すごく見えてくる部分だと思います」といい、「私に対してのイメージっていうものが、多少なりとも変わるんじゃないかな」と期待をかける。

それでも、「結局、人がどう捉えるかというのは私がコントロールできる部分ではないので、受け取り方はその人次第。そこはもう好き嫌いの話になってくるので(笑)」と、冷静な視点を忘れない。



あわせて読みたい

「水原希子」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。