記事

首都圏では野球・サッカーNG!禁止事項の増える街の公園、あなたはどう思う?


 「野球のボール投げるのが危ない」「声がうるさい」子どもたちの遊び場だった公園に注がれる住民の視線が厳しさを増している。

 国営公園や運動公園などの大規模なものも含め、国内に10万カ所以上ある公園。それを管理するのが都市公園法だが、従来、児童公園と呼んでいた小規模公園は1994年の改正で街区公園へと名称が変更された結果、制限が増えたのだという。

 「公園のチカラLAB」の光岡太郎氏は「日本の公園は都市計画法という法律で管理されていて、公共施設の一つとして、地域のニーズに合わせた使い方ができるようにしようということで施行令が改正された。そこから子どもだけのためだった公園が、地域の人々のための公園になった。それによって防災公園になったり、ヒートアイランド現象を抑えるための緑地になったりしているし、最近では公園の中にカフェを営業していいことにもなった」と話す。

 一方、すでに首都圏の公園では野球・サッカーの禁止率が100%になっているといい、とある公園には「お約束」として、「まりなげはやめましょう」「バットをつかうのはやめましょう」「犬をつれてくるのはよしましょう」と、禁止事項が細かく定められている。


 「こうした禁止事項はあくまでもマナーだったはずだし、首都圏の自治体でも野球やサッカーをしてもいい公園を作るなど、色んな工夫はしている。ただ、守らない利用者や、それに対する住民のクレームによって禁止事項に変わっていっている。実際、アンケート調査をしてみると、子どもが遊んで騒いでいる声を騒音だと感じる人が半分を超えている。そういう調査結果もある。法的にも、色々言われると自治体は対応せざるを得ない」。

 昨年には、板橋区に陳情書を送った小学生がいる。議会に提出された陳情は「公園の利用時間の延長(平日4時半までだと放課後に使えないため)」「野球グラウンドの一般開放(登録団体だけで埋まっていた)」「廃校になった校庭の利用(野球・サッカーも自由に使えていたが禁止になった)」という内容で、それぞれ「期間的に延長」「継続で検討」「週1日開放」という結果も出ている。

 光岡氏は「窓ガラスを割ってしまって謝りに行ったりする中で大人と関わり、学ぶというのも、公園や外で遊ぶことの大事な部分だ。そして、やはり主体は子どもたち。声をあげられない場合は、代わりに大人が言ってあげるのが大事だと思う」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶映像:法律よりも周りに従う!?禁止大国日本

あわせて読みたい

「自治体」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  2. 2

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  3. 3

    よしのり氏 都の外出自粛を批判

    小林よしのり

  4. 4

    感染者分析 オヤジは夜街出るな?

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  6. 6

    音喜多氏 小池知事の会見は有益

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    麻生氏 通貨スワップ韓国に問題

    ロイター

  8. 8

    映画に学べ 今見るべき感染作3選

    松田健次

  9. 9

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。