記事

政府はまず自分の襟を正せ

今回のコロナちゃん問題で露呈したことがある。それは、政府に危機管理能力が極度に不足していることである。危機時にはトップが指揮を執り、迅速かつ整合的な行動を心掛けるのが正しい。それが今回の政府は対応がまずい。トップが指揮権を発揮したとは思えない。

まずは情報の収集である。武漢で新型コロナウイルスの患者が発生し、それが広がりを見せていることを察知したのなら、入国管理時に武漢からの観光客かどうかチェックし、滞在先や移動予定を聞き出すことが当然となる。それを完全に怠っていた。

しかも、世界が騒ぎ始めた時の入国審査時でさえ、検疫では「症状あれば申し立ててほしい」とのチラシを配っていただけに近いらしい。「検疫 コロナ ちらし」で検索すれば、厚労省のアホみたいなチラシや掲示が出てくる。

厳格にチェックすることが「おもてなし」や「セクシー」に反するのだろうか。検疫をはじめとする入国審査の第一の目的は「自国民を守る」ことにある。こんな状況では、今年夏のオリンピックでのテロ対策はきわめて怪しい。「火薬類や武器を持っていたら申し立ててほしい」とのチラシを配って終わりにされたのでは、日本国民をやってられない。何のために税金を徴収されているのだろうと思ってしまう。

武漢から日本人を救出しようとの作戦は評価できる。しかし、救出して日本に帰った時にどうするのかの対応ができていない。とりあえずは検査をし、しばらく隔離すべきである。当然、ちゃんとした一人部屋と、食事を提供して。これができていないのは検査拒否者が出てきたことで明らかである。2人部屋もあったとか。

武漢で活躍していて今回救出された日本人に、「大変でしたね」と言うべきなのは当然である。しかし、新型肺炎を日本で広げないための措置も当然である。日本に救出して、それで政府の役割がほぼ終わりでは、情けなすぎる。

政府は企業に対してBCPを確立するようにと要請している。BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)のことである。一般の事業会社と異なり、金融機関に対してはより厳しいBCP対応が課せられている。銀行などの業務が停止したなら、国民生活が大混乱するからである。

具体的なBCPとは、大地震などの災害、テロ、サイバー攻撃などの危機的状況が起きたとしても重要な業務が継続できるように準備しておくことである。事前にいくつかの危機的状況を想定し、それに対する対応策をねっておき、さらには訓練をしておかなければならない。

今回のコロナちゃん事件を見るにつけ、金融機関以上の重要な政府自身にBCPというかGCP(Government Continuity Plan)が欠如しているとしか思えない。人につべこべ言うくせに自分は何もしない「エセ秀才」だろうか。多分、それぞれの省庁がBCPを命じているのに対し、政府全体にそれを命じる役割を誰も担っていないのだろう。

エセ秀才が本物の秀才になるには、トップが考え、動かなければならない。本来、桜を愛でている時間なんてないはずだ。

日本という素晴らしい国、美しい国を壊さないためにも、誠心誠意考え、行動してほしいものだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。