記事

新型コロナウイルス対応・・制度の足らざる点

新型コロナウイルスが国内でも拡大の一途です。

政府は、新型コロナウイルスを感染症法上の「指定感染症」に指定するという閣議決定を一昨日行いました。

指定感染症と位置付けることで、政府が一定の強制措置を取れることとなりますが、いくつかの問題も明らかになってきています。

ひとつはこの閣議決定が効果を発揮するまでには時間がかかって、実際には2月7日からしか効果を発揮しないということ。

もうひとつは、感染が確認された場合には一定の強制措置ができるのですが、例えば武漢から帰ってきたばかりの人でも感染していなければそれができない点です。発症していなくて、「私は大丈夫」と言われると、何もできません。

このような問題点があることも明らかになりました。これを乗り越えるにはもしかしたら新規立法も必要になるかもしれません。

迅速に、何をなすべきか、国会もしっかり対応していきたいと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。