記事

新型コロナウイルス対応・・制度の足らざる点

新型コロナウイルスが国内でも拡大の一途です。

政府は、新型コロナウイルスを感染症法上の「指定感染症」に指定するという閣議決定を一昨日行いました。

指定感染症と位置付けることで、政府が一定の強制措置を取れることとなりますが、いくつかの問題も明らかになってきています。

ひとつはこの閣議決定が効果を発揮するまでには時間がかかって、実際には2月7日からしか効果を発揮しないということ。

もうひとつは、感染が確認された場合には一定の強制措置ができるのですが、例えば武漢から帰ってきたばかりの人でも感染していなければそれができない点です。発症していなくて、「私は大丈夫」と言われると、何もできません。

このような問題点があることも明らかになりました。これを乗り越えるにはもしかしたら新規立法も必要になるかもしれません。

迅速に、何をなすべきか、国会もしっかり対応していきたいと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。