記事

新型コロナウイルス対応・・制度の足らざる点

新型コロナウイルスが国内でも拡大の一途です。

政府は、新型コロナウイルスを感染症法上の「指定感染症」に指定するという閣議決定を一昨日行いました。

指定感染症と位置付けることで、政府が一定の強制措置を取れることとなりますが、いくつかの問題も明らかになってきています。

ひとつはこの閣議決定が効果を発揮するまでには時間がかかって、実際には2月7日からしか効果を発揮しないということ。

もうひとつは、感染が確認された場合には一定の強制措置ができるのですが、例えば武漢から帰ってきたばかりの人でも感染していなければそれができない点です。発症していなくて、「私は大丈夫」と言われると、何もできません。

このような問題点があることも明らかになりました。これを乗り越えるにはもしかしたら新規立法も必要になるかもしれません。

迅速に、何をなすべきか、国会もしっかり対応していきたいと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。