記事

上皇陛下お倒れに…「美智子さまがいてよかった」と安堵の声

(写真:宮内庁)

上皇陛下は1月29日の夕方、お住まいの皇居・吹上仙洞御所内で一時的に意識を失い、倒れられた。30日に宮内庁が発表した。

上皇ご夫妻は29日の午後に外出されていたといい、お住まいに戻って1時間ほどたったあと上皇陛下がお倒れになった。そばにいた美智子さまが体を支え、非常ブザーを押された。侍医らが駆けつけると、上皇陛下はいびきのような息づかいをされていたが、診察が始まるとまもなく意識が回復したという。

「上皇陛下は’18年7月にも、明け方に激しい発汗があり、めまいや吐き気を伴う脳貧血の症状がありました。また昨年7月には同じく脳貧血の症状で、吹上仙洞御所の食堂で夕食前、お立ちになることができなくなりました。いずれも、美智子さまがすぐに侍医を呼ばれ、大事には至りませんでした」(皇室担当記者)

上皇陛下は30日の朝にはいつもどおり朝食もとられたという。同日午前には宮内庁病院で頭部MRI検査と専門医による診察。原因となる所見はみられなかった。

Twitter上では、上皇陛下のご体調を気づかう声が上がっている。

《ただただ心配です。ご快復を信じております。どうかいつまでもお元気でゆっくりお過ごしください》
《心配です。長く激務をこなされたのですから、ゆっくりと穏やかな日々を、たくさん満喫していただきたいです》
《美智子さまがいらして良かった…。お二人ともゆっくり休息をとっていただきたいです》

あわせて読みたい

「上皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  6. 6

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  7. 7

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  8. 8

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  9. 9

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  10. 10

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。