記事

地球規模課題10分野への国際協力評価 Report Card on International Cooperation to Top Ten Global Challenges2019-2020

1/2

地球規模課題10分野への国際協力評価
2019年全体評価はD(やや後退)

総論

 2019年の地球規模課題への国際社会の取り組みには、米中対立の深刻化と自国第一主義の動きが、様々な形でマイナスの影響を与えている。トランプ政権はパリ協定からの脱退を表明し、開発援助の分野にも地政学的な対立の影響が色濃く出ている。国際貿易では、ルールに基づく自由な国際貿易の最も包括的な枠組みであるWTOの紛争処理メカニズムが機能停止し、新しい貿易のルール作りに向けた交渉でも合意を形成することが難しい膠着状態からほとんど進展がない。また北朝鮮非核化に向けた米朝交渉には2019年、その行方に世界から大きな期待が集まったが、交渉の行き詰まりに北朝鮮は強く反発しており、再び挑発行為にでることが懸念されている。こうした状況から、国際課題の10分野のうち、核拡散防止や気候変動など6分野では、国際協力の状況が前年よりも後退したという評価をするに至っている。

 国際テロや、リビア、シリア、イエメンなどでの国内紛争では、基本的な対立構造が劇的な改善をするという状況には至っておらず、様々な問題を抱えながら不安定な局面が続いている。サイバーセキュリティでは、サイバー攻撃が日増しに増える中で、それを抑止し防止するための規範作りに向け国連における議論が開始されることは決まったが、そのプロセスがサイバーセキュリティにおける規範の強化やその広がり、そしてサイバー攻撃を実効的に阻止するような枠組みにまで至るかということになると、まだ展望を見出すことは難しい。そうしたことから国際テロや国内暴力、サイバーセキュリティでは、厳しい状況が2019年においても変わらないと判断した。

 唯一プラスの評価になったのはグローバルヘルスの問題である。これはコンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱の流行に対するWHOの対応が適切に行われたかという評価に基づくものであり、テドロスWHO事務局長新体制の下で、2014年のエボラ出血熱流行時のWHOの対応のまずさが克服されており、紛争地域というコンゴ民主共和国の状況からエボラ出血熱収束に向けた取り組みは困難に直面したものの、対応としてはこれまでとは違う積極的な動きになったと判断した。現在、中国において新型コロナウイルスによる肺炎が急速に拡大しているが、この問題は2019年12月末に発覚し、WTOのルールに基づいて各国に通告されたのが2020年1月であったことから、これは2020年の課題として2019年の評価対象としては見送ることとした。

 米中対立などの地政学的な対立が地球規模課題への国際社会の取り組みに大きな影響を与えた2019年にあって、グローバルヘルスや気候変動は、国境を越えて多くの人々が直接その利害にさらされるような課題であり、こうした問題に解決に向けた国際的な動きがどう機能したかという視点からの評価が唯一可能だった分野であった。こうした国境を越え多くの人が利害を共有する国際的な課題の解決に向けた国際社会の取り組みが、地政学的な対立を乗り越えることを私たちは強く期待するが、現状ではまだそうした共通の危機感が、対立を乗り越えるような状況を作り上げているわけではない。そのため、2019年の10の国際課題における評価は我々が過去4年間にわたって行った評価と比較しても非常に厳しいものとなり、地球規模課題への国際社会の取り組みは後退したという評価を行うこととなった。

地球規模課題10分野への国際協力評価
2019年において前進したのか

 2019年において、10分野の地球規模課題の中で最も点数が高いのは、「B=一程度前進した」の評価を受けた「グローバルヘルスの促進」であった。一方、通商をはじめとした米中対立が色濃く出た「国際貿易」や「国際経済システム」などは低い評価となった。北朝鮮の非核化交渉の停滞やイランが核合意での履行義務を段階的に停止した「核拡散防止」の分野も低い評価となった。

2019年における進展 総合評価 (参照)有識者 
アンケート結果
グローバルヘルスの促進 B 一程度前進した B
国際テロ対策 C 変わらない C
国際的暴力紛争の防止と対応 C 変わらない D
サイバーガバナンスの管理 C 変わらない C
核拡散防止 D やや後退した C
気候変動抑止及び気候変動による変化への適応 D やや後退した D
国内暴力紛争の防止と対応 D やや後退した D
国際経済システムの管理 D やや後退した D
国際開発の促進 D やや後退した C
国際貿易の拡大 D やや後退した D

地球規模課題10分野への国際協力評価
2020年における優先課題トップ10

 地球規模課題10分野の中で、2020年において最も優先されるべき課題は「核拡散防止」となり、これに近年世界中で異常気象が多発し脅威が増している「気候変動」問題が続いた。また、2019年により激化した米中対立を受けて、「国際経済システム」や「国際貿易」の優先度も増している。さらに、2020年1月の一か月間で一気に中国・武漢から広がった新型肺炎の脅威から、「グローバルヘルス」の分野の優先度も上昇した。

2020年における優先度 優先度の高さ (参照)有識者 
アンケート結果
核拡散防止
気候変動抑止及び気候変動による変化への適応
国際貿易の拡大
グローバルヘルスの促進 10
サイバーガバナンスの管理
国際経済システムの管理
国内暴力紛争の防止と対応
国際テロ対策
国際的暴力紛争の防止と対応
国際開発の促進 10

地球規模課題10分野への国際協力評価
2020年に解決に向かう可能性

 2020年において、「一程度前進、あるいは前進する」と評価された分野はゼロとなった。地政学的対立が影響する通商や核拡散防止など分野は引き続き評価が低くなっている。そのほかの分野は、一部の進展が見込まれるものの、多国間で合意を作り、実行・継続することが難しい面が多いため、「現状のまま変わらない」との評価になった。

 気候変動の分野は、異常気象の拡大や平均気温上昇など状況の急速な悪化に対し国連方式の全会一致の意思統一が時間的に間に合わず、たとえ温室効果ガスの対策が進んだとしてもゴールがさらに遠のくという問題が起こり、前進する見通しが下がっている。

2020年において進展する可能性 総合評価 (参照)有識者 
アンケート結果
国際テロ対策 C 現状のまま変わらない B
グローバルヘルスの促進 C 現状のまま変わらない B
サイバーガバナンスの管理 C 現状のまま変わらない B
気候変動抑止及び気候変動による変化への適応 C 現状のまま変わらない B
国際開発の促進 C 現状のまま変わらない B
国内暴力紛争の防止と対応 C 現状のまま変わらない C
国際的暴力紛争の防止と対応 C 現状のまま変わらない C
国際経済システムの管理 C 現状のまま変わらない C
核拡散防止 D 後退する C-
国際貿易の拡大 D 後退する C

Report Card on International Cooperation
地球規模課題10分野への国際協力評価とは


 言論NPOは、地球規模課題の解決や規範に基づく世界秩序やルールの形成で、日本外交がリーダーシップを効果的に発揮できる有力な議論と発信の舞台を日本に作り出すことを目指しています。そして、世界の課題に対する日本の提案力を高め、国際世論への影響力や日本国民の外交意識を向上させることに寄与したいと考えます。

 「地球規模課題10分野への国際協力評価」はこの取り組みの一環として、2015年より米外交問題評議会(CFR)やチャタムハウスをはじめとした欧米、アジア、ラテンアメリカ、アフリカ、中東の世界25ヵ国のトップシンクタンクネットワーク「カウンシル・オブ・カウンシルズ(CoC)」との共同で日本を代表し実施してきた評価です。貿易・国際経済、核不拡散問題、サイバー、気候変動、グローバルヘルスなどの10分野の地球規模課題に対する国際協力について過去一年間の進展や翌年における優先順位、解決に向かう可能性について評価してきました。言論NPOが実施した評価・見解は、アメリカ外交問題評議会のホームーページに毎年取り上げられ、国際課題に対する日本の意見が注目されてきました。

 2020年は、この取り組みをより強化し、まず日本が独自で評価・発表行います。評価結果は、主に、①日本国内の約30名を超える専門家や政府関係者との会議、並びに、②言論NPOに参加する有識者2,000氏へのアンケート結果(回答者:307名)を基に決定されました。

あわせて読みたい

「核兵器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  8. 8

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  9. 9

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  10. 10

    マンションの看護師差別に呆れ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。