記事

東エレク、4─12月営業利益は28%減 通期計画へ「順調に進捗」

[東京 30日 ロイター] - 東京エレクトロン<8035.T>は30日、2019年4━12月期の営業利益は前年同期比28.6%減の1671億円になったと発表した。データセンター向け設備投資の減少やスマートフォン需要の鈍化で市場が減速した。

もっとも、5GやIoT、AIなどの需要増を背景に、半導体製造装置市場は拡大基調に転じているとし、通期計画に対しては「順調に進捗している」(笹川謙経理部長)とした。

ロジック・ファウンドリ系半導体への設備投資は活発なほか、NANDフラッシュメモリ、DRAMは一時的な調整局面にあったが需給バランスに改善がみられ市場は拡大基調に向かうと見ている。

フラットパネルディスプレイ製造装置も、調整局面にあるモバイル用中小型パネル向けが回復基調に転じると見るほか、テレビ用大型液晶パネル向けの設備投資も引き続き見込まれるとした。

配当予想は期末配当290円としていた従来予想を293円に上方修正した。

20年3月期の通期営業利益見通しは据え置いた。営業利益予想は前年比27.6%減の2250億円としている。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響については「生産ができなくなるような話は、今の時点では顧客から聞いていない」(笹川氏)としながら、業績への影響は状況を見極めながら判断せざるを得ないとした。

(平田紀之)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。