記事
  • krmmk3

三才ブックスの取締役、「DVDリッピングソフト付書籍」販売で逮捕

一報目はテレビと言うことですが、急な話なのでネット上に波紋が広がっています。

「ラジオライフ」の「三才ブックス」取締役ら4人逮捕 DVDコピー防止機能の解除ソフト付き書籍販売

どのニュースを見ても、必ず「ラジオライフ」の文字がありますが、雑誌「ラジオライフ」にソフトは付属していませんから、ほぼ無関係でしょう(編集を担当したかも知れませんが、多分外注でしょうし)。もちろん恣意的にやっているのでしょうが。おそらく三才ブックスを含む3〜4社からたびたび販売されているコピームックのいずれかと思われます。
リンク先を見ると、昨年中すでに警告を受けており、それでも懲りずに販売していたために逮捕された、という印象を受けますが、YAHOOなどに掲載されたニュースからは別の印象を受けます。

DVDの違法複製ソフト販売容疑=出版社常務らを逮捕―警視庁

"コピー防止機能を無効にするDVD複製ソフトを付録に付けた雑誌を同社のインターネットサイトを通じて、埼玉県の団体職員の男性(38)ら2人に販売するなどした疑い"

まるで違法品をこっそりネット販売したように書いてますけど、出版社が販売した本をたった二人ですよ。あきらかにバックナンバーの取り寄せに応じただけじゃないですか。多分先の記事で「販売の自粛を求められていたが、応じていなかった」とあるのは、ムック本なので書店に並ぶのが一時的なものであり、警告を受けた時点ではほとんど店頭に並んでいなかったためでしょう。男性ら二人という購入者も、どう考えても身分をさらされるほど悪いことをしたわけではないですし。それに「もう一人」はいったいどこの誰なんでしょうね?

もちろんこの逮捕の背景には、先の著作権法改定があると思われます。もちろんまだ施行されていないわけですし、今回の逮捕もあくまで不正競争防止法違反の容疑なわけですが、それでも今までできなかった逮捕に踏み切ることができる後押しになったわけですから、影響力の強さが伺えます。

ご存知のとおり、DVDのCSS解除は今までの法律の専門家の解釈で、コピー制御には当たらないとされてきました。だから、ややグレーに近いとは思われつつもみんな平気でやってきたわけです。その段階で仮に逮捕したとしても、裁判で無罪と判断されれば判例となってしまい、著作権権利者にとっては不利ですから司法は何もしませんでした。ですが、著作権法改定のおかげで法律全体の向く方向としてDVDのCSS解除は違法行為という解釈ができるようになったため、逮捕に踏み切ったものと思われます。もちろんわたしの解釈では修正案のおかげでそうしてしまうとあらゆるデジタル利用が著作権法違反となる可能性が高いため、安易にCSS解除は違法といえなくなっているのですが「お前がなんと言おうと法文になんと書いてあろうと、こっちが違法と思ったら違法、逮捕と思ったら逮捕じゃ」と著作権権利者がわめけるようにはなってしまいましたので、何を言っても無駄、むしろ口を出すのは危険な行為となってしまいました。

それにしてもひどいのが、たかがムックを買っただけで年齢と身分をさらされるという扱いを受けた人です。これは名誉毀損ではないでしょうか。もちろん、「それすら恣意的」な裏があれば別ですが・・・。10月1日に改定著作権法が施行されたあとは、もっと恐ろしいことになりそうですね。明らかな有罪でもないのに、疑いを掛けられただけで名前をさらされる人が出てくるかもしれません。著作権業界とマスコミはつながりが大変強いですからね・・・。

さぁ、いよいよ恐怖の支配する時代の始まりです

あわせて読みたい

「著作権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。