記事

みのもんた、番組降板真相告白「会話のテンポが合わない」

3月末までに、みのがメインの企画も検討されている

 みのもんた(75才)が、2007年の放送開始当初から続けてきた『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)の司会を3月いっぱいで退く。

【別写真】次男逮捕の謝罪会見で頭を下げるみのもんた

「これでみのさんはテレビ、ラジオのレギュラーがゼロになります。事実上の引退という話もありますね」(テレビ局関係者)

 テレビや新聞は「勇退」と報じているが、事実とは異なる点があるようだ。

「報道では、降板を自ら申し出たことになっていますが、実際は違うようです。みのさんはこのところ収録中でもめっきり言葉数が少なくなり、時には、うつらうつらして寝てしまうこともありました。彼は番組にとって大事な功労者ですが、このまま続けるのがお互いにとってよいことなのか、熟慮を重ねた制作スタッフ側から降板を提案したところ、受け入れてもらったというのが実情のようです」(日本テレビ関係者)

 降板は、局側からの提案だったのか。真相をみの本人に聞いてみた。すると、「それはもう、去年の話なんだけどね」とすんなり肯定。

「お話をいただいたタイミングで、自分からもスタッフにここ数年思っていたことを話したの。だから両方からかな。自分が今の人たちの会話のテンポに合わなくなってきたなと思っていて…もうすぐ喜寿(77才)だから…」(みの・以下同)

 みのは水道メーターの製造販売を手がける会社の経営者という顔も持っている。そこでは現役を続けるという。

「会社が今年80周年を迎えるの。そっちもやっていかないとね。今後は次につなげていくということを考えていくようにね」

 そう話す、みのの表情はどこか吹っ切れたようだった。

「それにしても、降板を発表しても、『やめないで』とか『残念だ』とかいう声、ぼくのところにはまったく届いていないんだけど。アッハッハ!」

 みの節は健在だった。

※女性セブン2020年2月13日号

あわせて読みたい

「みのもんた」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  8. 8

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  9. 9

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。