記事

大型書店までもが閉店…“出版不況”の打開策は?「電子書籍や活字離れのせいではない。思考停止をやめて、ミクロな努力を」箕輪厚介氏

1/2

 かつて2万店ほどあった書店も、今や店舗数はほぼ半減、今年に入ってからは丸善ジュンク堂書店が京都・名古屋の2店舗を閉店すると発表するなど、大型書店までもが閉店に追いやられる事態が生じている。


 東京・表参道にある青山ブックセンター本店の若き店長、山下優氏(33)は、「大型書店が減ってきた原因は、売り上げというよりも、本屋によってテナントに人を呼べてなくなっているから。渋谷の再開発のビルにほとんど書店が入っていないのもそのためだ。そういう中でジュンク堂さんもテナントとの契約が切れたということだと思う」と話す。自身もあまり本を読むタイプではなかったという山下氏。

「今、刊行点数がとにかく多く、本当にこれは必要なのか、誰に対して売ろうとしているのかが全く見えない本がたくさん出ていて、むしろ少し減らして欲しいというのが書店側からのお願い。その中で、絶対に売りたいというものがあれば書店も売りやすい。そうなると、もっと効率は良いのでないか。書店は出版社しか見ていないし、出版社は作家や書き手だけしか見ていない。それも大事な事ではあるが、外がどんどん変わっているのに、なぜか文化という名の下に神聖視され過ぎていたと思う」と話す。


 株式会社KADOKAWAの取締役も務める慶應義塾大学の夏野剛・特別招聘教授は「実は売上が下がっていたのは雑誌と漫画だ。雑誌に関して言えば、いくらでもネットで最新の情報が検索できる今、面白くなくなったということだ。そして漫画は漫画村の影響だ。むしろ漫画村が崩壊した2019年、各社は業績を伸ばしている。

一方、文芸は固定の人しか買わないし若い人は読まないが、大きな変化はなかった。そしてこの20年数年、中小書店の数は減っていても、大型書店の数は増えていた。それが急にうまく行かなかったのは、人口構成の変化と関係していると思う」と持論を展開。「ネット上に画像が山ほどあるのに、それでも何十万部も売れる写真集あるのは、編集者の意図や工夫があるから。ただ、出版社には古い人が多く、作家の中にも紙で売れているからといって、“私は電子は嫌だ”とか言うバカがいる。時代を考えろ」と一喝した。


 ノンフィクションライターの石戸諭氏は「年に1冊も買わないという人は日本人が50%くらいいるといわれているが、逆に残りの半分は1冊以上買っている。そして、買い支えているのは上位数%の人たちだ。それでも僕が『百田尚樹現象』という数万字のルポルタージュを書いた『NewsWeek日本版』は、年間で最も売れたらしい。そういうものでも 刺さる企画、広がる企画をしっかり考えていけば、雑誌も捨てたものではない。スマホによって可処分時間が減るのは当たり前。スマホが楽しいのも当たり前。

それでも“書店に足を伸ばしてみようかな。キオスクで買ってみようかな。コンビニに行って手に取ってみようかな”というふうに思えるものを作らないとダメだ。それは“ライター食えない論”や“新聞記者終わった論”みたいな話も同じで、“ニュースを知りたい。この話、本当に読みたい。教えて”という、客になり得る可能性のある人たちはインターネットにもいる。市場が変化している以上、そこに対してアプローチをしていかないと難しい」と話す。

あわせて読みたい

「出版不況」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  4. 4

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  5. 5

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  6. 6

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  7. 7

    都知事選 主要候補の政策まとめ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  10. 10

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。