記事

「アメリカの差別用語」

日本は世界的に見ても表現豊かな語彙(ごい)が豊富な国である。色彩に例をとれば465色、それぞれに色彩を表す言葉があり、桜色、薄紅色、朱鷺(とき)色、灰桜(はいざくら)色、駱駝(らくだ)色などの豊かな表現で溢れている。

しかし、時代の流れの中で死語になった言葉も数多くあり、特に人権意識の向上から制限された言葉も多く、自主規制された放送禁止用語だけでも数え切れないほどである。

アメリカでも同様のようだ。

「メリー・クリスマス」はイエス・キリスト生誕を祝うキリスト教の祭日で、クリスマスシ-ズン特有の愉快さやイベント性が人々の心をつかみ、日本でもすっかり文化として馴染んでおり、友だちや仕事仲間に「メリー・クリスマス」と伝える人も多いのではないだろうか。

しかし近年、アメリカでは「メリー・クリスマス」と言うと「宗教差別をしている」と批判されてしまい、代わりに「ハッピー・ホリデー」が主流になりつつあると息子から教えられた。

アメリカではPolitical CorrectnessやGender Neutral Languageなどと言い、性別について中立な言葉を使うように見直される機会が多くなり、やや行き過ぎの条例も出ているようで、カリフォルニアのバークレー市では、性差別と見られる用語や代名詞を見直す条例が全会一致で承認された。

アメリカの先進的なリベラルの地域では、以下のような例があるようです。

Chairman(議長)-> Chairperson
Fireman(消防士)-> Fire Fighter
Policeman(警察官)-> Police Officer
Stewardess(客室乗務員)-> Flight Attendant
Salesman(セールスマン)-> Sales Person
Sportsman(スポーツマン)-> Athletes
Statesman(政治家)-> Political Leader
Man-made(人工物)-> Artificial
Manhole(マンホール) -> Maintenance Hole
Man Power(労働力) -> Human Effort
Bondsman(保証人)-> Bonds-person
Pregnant Woman(妊婦)-> Pregnant Employee
Sorority(女子学生の社交クラブ)-> Greek System Residence

あわせて読みたい

「性差別」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。