記事

緊急コロナちゃんニュース

ついに新型肺炎のコロナちゃんが日本人にも乗り移った。日本のニュースだけでは心配なので、他にもアンテナを張っておきたいものだ。というのも、日本政府の対応も、中国政府と同様、後手気味だから。武漢への救出便、アメリカはもっと迅速に行動している。

まず、日本人の感染者はバスの運転手であり、2日間、武漢からの観光客と同じ空間で過ごしたのだから「そうなるか」と思う。とはいえ、武漢からの観光客は他でも日本人と接触しているはず。政府はどこまで調べているのか。調べて出てきた事実を迅速に公表し、行動をとってもらわなければ。

武漢から救出した日本人にも症状があるらしい。それに、武漢にはまだ多くの日本人が残っている。日本にとっても事態は深刻化している。感染者が増えた場合に備え、医療体制の準備はどの程度確保されているのか。日本政府の対応が遅いだけに、心配である。

自衛手段として、ニュースのアンテナを広げておき、日本政府の公式見解だけに頼らない必要がある。中国本土のニュースにアクセスできればいいのだが、残念ながらグーグルが入れない世界だし、僕には本土に親しい者がおらず不可能。

仕方ないので台湾、アメリカ、オーストラリアのニュースをグーグルで見るのがいいかなと思っている。ニュースを翻訳機能を使い、日本語に直せばいい。

台湾は中国人同士、大量の情報が入ってくるのは間違いない。オーストラリアは中国との経済的つながりが多いから、彼らとして注視せざるをえない。アメリカの行動は迅速であり、(トップを別にすれば)危機管理ができている。

以上、昨夜思ったことを緊急に書いてみた。

なお、武漢はニュースで報じられているように大都市である。揚子江三峡下りの拠点でもあるだけに、観光地としても有名。揚子江下流に広がる平野部の中心都市でもある。それだけに市内封鎖は中国経済にとってダメージが大きいはずと考えられる。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。